nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

「返事はいらない」。

みなさま、おはようございます。

ゆうべは、夜遅くのアップにもかかわらず、読んでくださりありがとう。

あのあと、どうやって布団に入ったか、思い出せないぐらい(笑)でした。

 

今朝は、鳥の声と、朝から「針仕事」があったので早起き。

「針仕事」っていう響き、好きなんです。だから書いてみたんだけど、ほんとに「針仕事」なさってる方が読んだらズッコケるよ~~~、だって、わたしの今朝の「針仕事」は

 

娘の体操服の「ゼッケンつけ」じゃ。

 

いや、これ、意外と立派な「針仕事」なの。経験者のみなさま、共感していただけると思うけど、あれを「まっすぐ」「センター」に配置するのって、難しいの。かといって、メジャーとかで位置決めするほどの几帳面さは、この大雑把のんちにはありません(笑)。

 

前と後ろ、1枚につき6か所でしっかり縫い付けてください、っていう指令。「はいはい、わかりましたやん」って、がんばりました。針に糸をとおすことが、遠近両用愛用者のんちには結構ツラい。それができたら、あとは「めんどくさいなぁ」って思うほどでもない、やっちゃえば、ね(笑)。

 

********

作業を始める前に、BGMは何にしよかな、と。

そしたら、ユーミンの声が降臨なさったよ。そして、ゆうべいただいたコメント、「まんま」ですけども、この曲がやっぱり浮かぶワケ。

 

「返事はいらない」。

youtu.be

注)この曲、ユーミンのデビューシングルなのだけど、当時はぜんぜん売れなかったらしい。そして、プロデュースは、ムッシュかまやつ先生。

 

もちろん、ゆうべ、いただいた「返事はいらんよ」の意味とはちょっと違う。ゆうべのは、とってもやさしい「返事はいらない」。ユーミンのこの曲は、ちょっと切ない。でも、なんか聴きたくなりました。

 

日本語だけじゃないでしょうけど、ことばには、いろんな気持ちを込めることができますね。そして、受け取る側も、いろんな受け取り方ができる。今日のわたしに引き寄せて、今日のあなたに引き寄せて…。

 

今日の午後、マンションの鍵を返します。

実は、このマンションに住んだのは、娘が中学校に通っていた3年だけ。でも、この3年は、家族について(とりわけ自分の母親との距離感と、今後について)考えるためにとても大切な時間でした。そのことは、またあらためて、ゆっくり書きたいと思います。

 

返事はいらんよ、って、せっかく言ってもらったから、お返事は、この文章に全部集約させてもらうことにします。

 

やさしいきもちを、たくさん、ありがとうございます。

 

わたしも、そんなふうに、みなさんに気持ちを届けられるように、このブログを大切にしていきたいと思っています。

f:id:nonchi1010:20190530064759j:plain