のんちのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

秋の色を味わいながら。

昨日、仕事の帰り道、空がよく見える場所で車の流れがとまった。ふと窓の外に目をやってびっくり。 (実際はもっともっときれいな秋の夕空だった。) このところ、手芸熱が持続していて、着物の半幅帯がちょうど文庫本の「縦の長さ」に、ぴったりなので、ブッ…

栗しごとに心癒される。

友だち便で栗が届きました。 「台風の影響もあって、いつもより出来がよくないかも」とメッセージをくれていたけど、なんのなんの、届いた栗たちはピッカピカで丸っとして元気いっぱいのお姿だった。すぐに「栗しごと」にとりかかるタイミングがなくて、数日…

おかんのカバン作ってみた。

ここ最近、週に1回、平日の仕事帰りにおかんの家に泊まりに行ってる。夕飯はおかんが作っておいてくれて、それを一緒によばれながらいろいろ話して、食後の片付けと床のぞうきんがけをわたしが担当して、お風呂のあとはおかんのベッドの横にお布団敷いてもら…

沖縄に、返せ!!

頑固一徹おかんは、身長145センチの小柄ながら、その昔、わたしと弟を自転車の前と後ろに乗せて、さらには雨の日には傘をさして運転していた。でも、「こけそうで恐いな」と思った記憶がなく、もちろん転んだ記憶も、ない。 で、さらに、これぞおかんやなぁ…

空に届けたい珈琲。

頑固一徹おかんの4人きょうだいの末っ子だった「おっちゃん」。 若くて暮らしが安定していた頃のおっちゃんは、今思えば非常にカッコよかった。 男前、という意味での「カッコいい」ではなく(笑)、 何ていうか、生き方がカッコよかった、気がする。 その…

みんなどこかでつながっている。

今朝、おかんとお弁当と新聞の物々交換の待ち合わせをしたとき、おかんのきょうだいの一番上の姉さんの近況を聞いた。認知症が急に進んでいるんだと。 その時期が、わたしが「おっちゃんの居場所」を思い立ったタイミングと重なっていたことに、一瞬、静かに…

知るべきことは、まだあった。

きのう、9月1日は「防災の日」。 その由来のひとつは、1923年9月1日に起きた関東大震災。 10万人を超える死者・行方不明者が出た。 地震や津波、台風、洪水などの自然災害に対する認識を深め、備えや対策を強化するために1960年に制定されたも…

焼き茄子は、誰にも食わすな。

今日も相棒ちゃんは学校のあと、そのままバイト。 閉店までがんばるらしいので、夕飯も「いらないです」と。 おまけに「今日は”まかない”で餃子丼(白ごはんの上に焼き立て餃子をのせて、タレをかけていただくらしい)が出るから、めっちゃ楽しみ」と言うて…

おっちゃんの居場所。(長くてヘビー)

新型コロナの感染拡大が止まらない。ベッドサイドからスタッフが1人欠け、2人欠け…、その人たちの復帰を待たず、次の感染者が出て、「あと一人陽性者が増えたら、もう現場はまわりません」というリーダーからの報告が何日続いているだろう。欠員が出るたび…

ひもじいことは、哀しいこと。

昨日、久しぶりに頑固一徹おかんの家を訪ねて、あれこれ話しながらお昼をよばれた。「明日は久しぶりにお弁当を入れたるわ」と言ってもらい、今朝、出勤途中に待ち合わせをして、朝刊と手作りお弁当を「物々交換」した。 最近、仕事で「これでもか」というほ…

いろいろありすぎて。

相棒ちゃんがコロナになって、濃厚接触者として仕事から数日離脱して、戻ったところから、それはもういろんなことがありすぎた。その間、頑固一徹おかんとほとんど会話らしい会話ができなくて、今日、ようやくおかんのところに顔を出している。もとは「どっ…

明日から、仕事。

この前の火曜日、仕事中に相棒ちゃんからメールがきたのが「こと」の始まり。 「おかあさん、解剖学の試験受けてる途中からしんどかってんけど、検温したら37.8℃あって、すぐ帰らされた。家で寝てます」と。 あ、とうとう来たな、と思った。電車通学だし、バ…

国葬反対の意思表示。

「国葬反対の意見は認識していない」なんて言われて、黙っていたくない。 わたしは、はっきり反対です。 さきほど、smokyさんの記事へのコメント欄で、uwisizenさんがリンクを貼ってくださっていたので、署名しました。 https://chng.it/pCqgzLp4MX急ぎ、シ…

悼むかどうかは、自分で決める。

いやな予感はしていた。 そして、やっぱりかと、ものすごく悔しい。 国葬って。それはあんまりではないか。悼むかどうかは、自分で決めればいい。 国葬って。誰のお金をつかうつもりなのか。 「暴力に屈せず、民主主義を断固として守り抜く」。その言葉の実…

「生まれてきてくれて、ありがとう。」

ちょっと前に、『ベイビー・ブローカー』をレイトショーで観てきた。前日も、その前も、ずっとあんまりよく眠れていなかったので、非常に不安だったけど、でも、どうしても観たくて、ひとりで行ってきた。 そして、不安的中。眠ってしまった。 疲れすぎて寝…

「変えられるんかな?」の問いに。

夕方、相棒ちゃんと投票に行ってきた。車で5分かからないところにある投票場で、直前に2人で候補者を確認して臨んだ。今回ほど「自分の思いを一票に込めたい」と強く思ったことはなく、書き間違えていないか、何度も見直した。投票を終えて、車に乗って帰る…

「あたしは希望を捨ててないで」。

大事な大事な投票日の朝。おかんのとこへ来て、一緒に朝ごはんを食べながら、安倍元首相のことや、それに影響を受けるであろう選挙の結果、そしてその後の政治のことを話している。わたしは、彼が犯した数々の罪を償うことはおろか、問われることもなく、こ…

冷静に、前を見据えて。

安倍元首相が亡くなった。白昼堂々、こんなことが起きるのが、すごくこわい。でも、もっともっとこわいのは、このまま、自民党批判をしにくい空気が蔓延していくこと。彼の悲願だったからと、憲法改正への流れが一気に国まるごとの勢いで進んでいくこと。 い…

「知らされていなかった」のか。

2022年という年が、後にどのように語られるのか。おおきな分岐点になってしまうかもしれない、いま、この時。 ワイドショーみたいな「選挙特集」は流れるけど、この選挙の最大の争点はちっともフォーカスされない。 それどころか、ウクライナで起きているこ…

何を食べても、な日々。

ここまで、医療現場で働いてきて、職場でクラスターも起きて、それでも自分も家族もコロナに感染しなかったのだけど、先月、近しいひとがコロナになって、しかも合併症が重なって、少し深刻な状況が続いていた。 数日前、やっと転院先の大学病院から元の病院…

選挙のこと、仕事のこと。

間近に国政選挙が迫っていることを、メディアと政権が結託してひた隠しにしているとしか思えない。記憶しているなかで、いまが一番ひどいと思う。そして、私自身も、最近、かなり「落ちてるな」と思う。 わたしはその昔、看護師になりたての頃、自分が働く病…

生き方をこそ、教わる。

短文でも、感じたことを、そのときに。 九州から「友だち便」が届いた。おいもさんが届くとは予告されてたけど、箱を開けて、本当に、感激した。ひとつひとつの品種の説明と、オススメの料理まで書いてくれていた。 なんていうかな、野菜の袋に書かれたその…

いちばん身近な後輩の成長。

最近、仕事で自分のリーダーとしての役割というか、舵取りというか、ありようすべてというか、そういうのを問われる状況が続いていて、このブログに書きたいこと、たとえば映画、たとえば音楽、たとえば手芸、たとえば梅仕事、などなどをずっと書けずにいる…

おかんとこに立ち寄る。

相棒ちゃんが、初めての実習で、訪問看護ステーションにお世話になった。夕方、LINEで「ガン末期のひとのところに同行させてもらって、『おうちに居る』ことってすばらしいと思って、帰ってきて学校での振り返りの会で号泣してしもた」と報告をくれた。 そん…

手仕事たっぷりの、この頃。

ゴールデンウィーク、終わりました。 カレンダーどおりだったので10連休ではなかったけど、でも、日常とは少し時間のゆったり感が違う日々でした。 最近の日々をひと言で振り返ると「手仕事たっぷり」。 わたし自身の「手仕事」、友だちの「手仕事」。 お写…

手芸女子、奮発。

昨日、がんばった自分へのご褒美タイムに、前から気になっていた古道具屋さんへ行ってきた。 そして、奮発してしまった。 手芸道具をしまう棚、欲しかったんだよ。 大事にするから、買ってもいいよね? 自分に交渉して、オッケーが出た(笑)。 これね、いつま…

やっとのご報告。

まさに、生きた心地がしなかった日々に 本日、やっと、「終わり」がきました。 いや、ほんとに、ほんとに、ほんとに長かった。 どうなってしまうのだろう、と悩んで悩んで ろくに眠れない日もたくさんありました。 でも、ちゃんと「終わり」がきました。 支…

おかず、お揃いやん。

何を食べよっかな~、とか、何を作ろっかな~、とか、どこで材料買おっかな~、とか考える余裕というか、気力というか、「私らしさ」というか、そういうのが戻ってきた。 「大地を守る会」というお名前の宅配便の「お試し便」を注文してみたら、すっごく新鮮…

教科書のカタチ。

昨日、仕事のあと、相棒ちゃんを伴っておっきな買い物をしてきた。 教科書をいれる「入れ物」。 驚くほどのお値段だった。 わたしが看護学生のときは、もう、肩が痛くてたまらないほどに重たい教科書を提げて、毎日通ったものだけど、いまや、タブレットにぜ…

作ってもらって、作ってあげる。

おかんからの大迫力愛情弁当について、ゆうべ「ちょっと多かったかな?」とおかんから電話でリサーチがあった(笑)。有り難いのは大前提で、しかし、ちょっぴり多いなってことを、やんわりじんわりお伝えした。「いろんなところで、お昼はしっかり食べなあか…