のんちのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

座って編み物できる喜びよ(笑)

ちょいとぎっくり腰だったわたしに、たくさんやさしいお言葉ありがとうございました。「わたしもやったことあるよ」のお声もいくつもいただき、「そうそう、そうなんよー、自分の足の指がものすごく遠いのよー」とか「ほんとにちょっとしたことでやられてし…

軽いぎっくり腰、やってしもた。

いやはや、ツラかった。 とてもしょうもない、ちょっとした動作がきっかけで、軽いぎっくり腰をやってしもた。 1日寝たきり。翌日どうしても休めず半日仕事して、午後から安静。昨日ようやく靴下が履けるようになった。で、今日はだいぶ元気。 安静中は、編…

秋をてんこ盛り。

金曜日の夜に、久しぶりに歌わせてもらった。 しばらくぶりの音楽ともだちの女子にサックスではいってもらって、いつもの「音とも」にギターを弾いてもらって歌った。困った性格で、歌ったあと、いろいろ「ああすればよかった」とか「こう歌えばよかった」と…

久しぶりに歌う。

久しぶりに歌う機会をもらった。歌う前のひととき。おいしい珈琲と、静かな夕暮れ前の景色で、日常から瞬間移動(笑)。 さぁ、楽しんでこよう。

ベランダから月を眺める。

ゆうぺは「友だち便」の「野生ニラ」を焼き飯とスープに贅沢に投入して、塾で絞られてくる相棒ちゃんに出してあげた。7分づきのお米の冷やごはんは、焼き飯に最適。上手にパラパラに仕上がった。「友だち便」の送り主ちゃんには「こんなふうにいただいてる…

実りの秋、つながる秋。

久しぶりに書きます。 仕事も暮らしも、結構盛りだくさんに、いいことも、そうでないこともあって、書きたいことを心に貯めながら数日を送っていました。 ほんとは、まとまって、最初っから丁寧に丁寧に書きたいのだけど、それを待ってたらちょっと時機を逃…

自分作お弁当、やっぱり好き。

いただいたコメントにお返事もせず、失礼している。ごめんね、の代わりに、元気に今日の自分をお伝えしたい。 今朝は、相棒ちゃんが学校に早めに行って勉強するなどと殊勝なことを宣言したもんだから、俄然お弁当づくりにもチカラがこもったのに、結局は「髪…

いつもと違うあさごはん。。

曇りだなぁと思っていたら、あ、パラパラ降ってきた。日曜日のあさごはんをゆったりいただこうと思って降りていったら、相棒ちゃんがまだリビングに布団を敷いて爆睡中。まぁ、受験生だから、夜までがんばってたのだろう、と希望的に過ぎる(笑)想像をして、…

おいしいもののためならば。

大阪は朝から雨模様。野菜の買い出しに小一時間ドライブを兼ねて産直市場に来てる。余裕をもってきたつもりが、開店前から結構並んでらっしゃる。みんな、おいしい野菜が食べたいんだよね。お値段もさることながら、やっぱりとれたての瑞々しさはたまらない…

茶色いおべんとうと、10年記念品。

相変わらずリビングの床に毎晩お布団を敷いて寝ている相棒ちゃんが、今朝、雨戸を開けた瞬間に「おかあさん、秋やで、秋の空気やで」と言った。がさつに育っている(育てている、か)けど、時々、「絵になる」ことばを発する相棒ちゃんが、わたしはとても好…

簡単にご報告

水曜日の夜、塾から帰ってきた相棒ちゃんが熱を出して、そこから、土曜日の夜にPCR検査陰性の報告を受けるまで、ちょっと大変な数日でした。 医療従事者として、患者さんに対応はしてきたけど、当事者やその家族になってみないとわからないことがたくさん…

秋の便り。

ゆうべ届いた、友だちからの小包みのなかに、一足早い「秋の便り」が入っていた。 今年の「初柿」。記念に、ジャムにした。 てんさい糖と、レモン汁だけを加えて、お鍋で軽くグツグツいわせて、ボウルで冷ます。 一晩おいて、朝のバタートーストにたっぷり塗…

無題(笑)。

久しぶりにゆっくりしてる。 頑固一徹おかんを朝から迎えに行って、眼科に送って、ワクワクする用事をひとつ済ませて、前から気になっていたカフェに来てみた。 他にお客さんはおじさまひとりだけ。流れる音楽も心地よくて、いい時間。 相棒ちゃんの高校最後…

言葉の重みは、歴史の重み。

みなさんのブログにはちょこちょこ寄らせてもらっているけど、自分の文章はしばらくぶり。「あ、このこと、書こうかな」と思っていたら、全然違うことに心をごっそり持っていかれたり、ただ一日働いて帰って、ごはん食べながら寝そうになったり、「う~~ん…

頭も、空間も、時間も「隙間」が大切。

がんこ一徹おかんとの「悩ましい」状況について書いた短い記事を、丁寧に心やさしく読んでくださりありがとうございます。 あの後、わたしのほうから電話をして、ほんとは週末に泊まりにきてもらおうかと思ってたのだけど、あいにくの悪天候のため順延。でも…

悩ましいことは次々あれど。

お久しぶりでございます。 おいしい空気をいっぱい吸い込んで、リフレッシュしたのも束の間。 まぁ、やっぱり、日々はいろいろ悩ましいことだらけ。 とくに、頑固一徹おかんとの関係が、なかなか、うまくいかない。 ゆうべ、おかんから長文のメールが届き、…

深呼吸の朝。

短い夏休み。初日の今日は、思い立って、いつもベランダから眺める山に向かってドライブに来てみた。珈琲飲んで、もうちょっと足をのばしてみるつもり。人混みをどんどん避けて、深呼吸しよう。

たとえ「お祭り」の最中だとしても。

今日も出勤前に頑固一徹おかんに寄ってきた。 わたしからは、新聞と、おいしくできたプチトマトのピクルスを届けた。 おかんからは、久しぶりにお弁当を持たせてもらった。 道の脇に車を停めて、物々交換をするとき、わたしが思っていたことを、おかんが先に…

夜のわたしへ、贈り物。

きょうは少し遅めの出勤。その分、朝のひとときがほんのちょっとゆったりしていた。「そうだ、夜のわたしへ、贈り物をしよう」と思い立ち、週末にいっぱい買い込んだフレッシュなプチトマトをピクルスにした。 わたしは、琺瑯が大好き。ちょっとお値段は高め…

薄切りと、千切りと、大きめみじん切り。

昨日の夕飯は、二日目の焼き豚と、「年季のはいった」千切りキャベツと、具材満載の変わり丼。 薄切り=焼き豚(お肉のかたまり)を薄くスライスする。これがなかなかうまくいかなくて、ついつい「厚切り」になってしまう。相棒ちゃんにしてみたら「分厚くて…

おかあさんの千切りキャベツ。

お昼休み、コーヒー片手に書いてます。 *********** 我が相棒ちゃん、「お気楽」に見えるけど、「勝負の夏」に際し彼女は彼女なりに、努力はしているようであります。日曜日も、「家では誘惑が多すぎて集中できない」と言って、車で10分のスー…

受験生、迷言録。

例の編集長の手厚いサポートを受けて、やっと原稿を提出できた。おそらく、彼女は自分で文章を書くよりもずっとずっと大変だったと思う。すごい仕事だなぁとしみじみ、つくづく感じる次第。喫茶店で編集長から原稿を依頼されて、テーマをめぐって熱い打ち合…

一旦荷物をおろした朝。

格闘していた原稿を、ゆうべ一旦の完成稿として編集長に送った。編集長は、オットさんがショートステイを利用なさる金曜日が一番自由になれる日。だから、金曜日の夜には、わたしの原稿からも解放されて、ゆったりしてもらいたくて、昨日はお昼休憩を返上し…

編集長とのLINEに、元気を得る。

原稿、塩漬け期間を経て、再格闘中。 あ~~~~~~~!!!!!だめ、書けない、書けない、まとまらない。 いかに自分が薄っぺらいか、突き付けられる気分だ。 かれこれ6時間ぐらい、書いてます。もう、今日はやめよっと。だめだ、こりゃ(笑)。 でも、…

疲れてても、鮮度優先。

昨日、大役でとても疲れたのだけど、最寄り駅のスーパーで地元の農家さんの「赤紫蘇」を見つけてしまった。 赤紫蘇+お砂糖+りんご酢=紫蘇シロップ。 この公式が頭に浮かんでしまった。 で、「買ったらその日のうちに」だよな、やっぱり・・・。 というこ…

珍しい、月曜日の朝。

30階から、朝の空を眺めている。 所用があって、ゆうべは相棒ちゃんとホテルに泊まった。あんまり安いところでがっかりするようなのは避けようと、ちょっとだけ奮発した。昨日のチェックインが遅かったので、ホテルライフを満喫、とまではいかなかったけど、…

それぞれの、励まし。

引き続き、原稿と格闘している。 ずっと前は紙に鉛筆と消しゴムだったけど、いまはパソコン。そういえば、原稿を書く時、机の上が消しゴムのカスだらけになってたなぁ・・・。消しゴムを持つ手に力が入り過ぎて、紙がグシャッとなって、その紙を丸めて投げた…

時間(とき)の成果。

梅シロップ11日目の朝。 レシピによると2週間とのことだったけど、朝、台所に降りて、瓶のなかで色づいたシロップを見た瞬間、「よし、できた!!」と思ってしまった。 この微妙な色づき、お伝えできないのが残念無念。 蓋を開けたら「ポンッッ」と弾ける…

ちいさな挑戦。

梅シロップ、10日目の朝。 氷砂糖はほとんど溶けて、それと同時にシロップの色が少しずつ変化してきて、いよいよだな、と思っていたら、相棒ちゃんがフライングして「味見」していた。「おかあさん、めっちゃめちゃウマい」らしいです。楽しみだな。ワクワク…

未来への扉の向こうへ送った、そのあと。

相棒ちゃんの本命の志望校で見学会が開かれるので、いま、校門まで一緒に歩いて見送ってきた。わたし自身は、そのようなことを頑固一徹おかんにしてもらったことはないし、そのことを心細く思ってもいなかったけど、相棒ちゃんはすこし人種が違うようで、「…