nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

何となく、待っている。

みなさま、こんばんは。

娘が、明日からいよいよ高校生ライフへの第一歩。クラス発表と教科書購入、課題&いろんな書類提出のために、朝7時には出発するとのことで、久しぶりの早起きの予定。なんだけど、まだ、興奮気味なのか、ぜんぜん眠る気配がありません。ま、頑固一徹ばあちゃんが泊まりに来ているせいもあるんだけどね。

 

わたしは、週の始まりの月曜日の夜なのに、なんだか、ぼんやり、まったりしてしまっております。「ぼんやり」も「まったり」も、悪いことじゃぁないと思いますが、「月曜なんだけど、大丈夫かな」って。

 

この、今日の感じは、自分でも、説明がつきにくく・・・。そんなときは、音楽を静かに聴いてみたくなります。

 

中学・高校と、ユーミンのレコードをよく聴いていました。たくさん持っていたレコード、事情があって、ほとんど手元に残ってないことが、実に残念なんだけど。最近になって、「あ、この歌詞、こういう意味だったんや」って思うことが時々あります。それと、あの頃は気づかなかったバックのちょっとした楽器のフレーズにすごく魅かれたり、ね。今日の気分は、この曲です。

 

youtu.be

 

E-mailじゃなく、ポストに届く手紙。雨が沁みて字が滲んでしまう前に、急いで傘をさして取りに行く気持ち、待ちきれずに家に入る前に封筒を開きたくなる気持ち、便せんに並んだ癖のある字に、こみあげてくる切なさ…。蒼くて若いときに感じたことと、いま感じること、当たり前だけど、やっぱり違う。

 

今日のわたしは、別に、何を待っているわけでもないんだけど、でも、なんとなく、待っている気分。何となくぼんやりして、ただ何となく。

 

明日からの自分にワクワクして、待ちきれずに、なかなか眠れそうにないかんじのわが娘を眺めていると、なんだか、とっても眩しくて、対照的で、うらやましい、母です。

 f:id:nonchi1010:20190326000634j:plain

 

不揃いな苺たち(笑)。

みなさま、おはようございます。

日曜日なのにさぁ~、お休み返上して「お勉強」に行きます。わかってますよぉ、向上心、大事ね。イチローさんにたくさん刺激をいただいたしね。自分に恥ずかしくない努力をしなくちゃ、そう思ってますよ。だけどさぁ、いまの私は、散らかった自分の部屋と自分の脳みそを整理したいのよ、まず。それが後回しになっていることに、心のざわつきを感じつつ、まもなく出発いたします。

 

その前に、ちょっと自分をアゲたいので、短く発信させていただこうと思います。おつきあいのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

************

春がきた。

苺の季節がきた。

わたしは苺が大好き。むすめも苺が大好き。

だけど、ほら、シーズンじゃないと、お高いじゃないですか(笑)。なので、我が家は春の到来を「苺の値段」でだいたいキャッチしています(笑)。

 

そして、お店に並ぶ苺のなかで、娘とわたしがチョイスするポイントは・・・

かたちは不揃いで結構。

新鮮で、甘くて、

…お安いのがお好き。

 

今朝、朝食に出した苺ちゃんも、不揃いだった。だけど、だけど、めっちゃ瑞々しくて甘くて、ちょっと酸っぱくて、春の味がしたよ~~。

 

f:id:nonchi1010:20190324084155j:plain

 

もうちょっと春が満開(おかしな表現だけど、伝わりますよね?)になったら、「ジャム用」と称して、不揃い苺ちゃんたちが「箱」(4パック1セット)で並んでくれます。nonchi はそれを待っている!! ちょっとキレイな苺ちゃんは「どうぞ遠慮なく、ぱくぱく食べてよしっっ」という掛け声とともにテーブルに直行。キズがあったり、ちょっと傷んでいる苺ちゃんは、第二の苺人生を「手作りジャム」となって送っていただきます。あ~~、待ち遠しい。早く、早く~~~。

 

そんなことを考えながら、真っ赤で、かわいい、不揃い苺ちゃんをいただいて、さぁ、行って参ります!!!!!←無理矢理、テンション上げてます(笑)。

 

f:id:nonchi1010:20190324084223j:plain

みなさまはどんな日曜日の朝?

寒の戻りで、春はちょっと足踏みですが、それぞれに「いいひととき」でありますように♡

 

こころのふるさと。

みなさま、こんにちは。

 

今日は、わたしが所属している法人が運営する、ちいさな保育園の卒園式。寒の戻りでずいぶん冷えていますが、雨降りじゃなくってよかったです。卒園児さんは片手でも余る人数だけど、保育園のせんせいをはじめ、給食を作ってくれているスタッフ、送迎をしてくれているスタッフをはじめ、ちっちゃいおともだちも含め、みんなで賑やかに送りだしました。わたしは立場上、「お祝いのことば」を担当したのだけど、正直、子どもたちにとっては「顔は知ってるけど、普段はほとんど会わないおばちゃん」なので(笑)、心は込めつつ、できるだけ短めにして、直接子どもたちと接してくれたスタッフから、ひとことずつメッセージを伝えてもらいました。

 

*************** 

この春から高校生になるわたしの娘は、生後6か月で保育園デビューしました。「そんなにちっちゃいときから預けてまで働かなくてもいいんじゃないの?」と、当時の夫のご両親からはチクチクといろんなご意見をいただきましたが、わたしには、「24時間、おかあさんとだけ一緒にいることが、子どもにとってのしあわせとは限らない」(これはあくまでわたしの考え方。いま、24時間お子さんと一緒に過ごしているお母さんやお父さんの考えや状況を云々したい気持ちはぜんぜんありません)という思いや、自分自身が専門職として働き続けたいという思いなどがあり、夫であったひととは話し合ったうえで、非常勤で働き始めることにしました。当時暮らしていた自治体でも、保育園はどこも満員。いろいろがんばってみたけど、結局は「無認可保育園しかありません」ということで…。この「無認可保育園」っていう響きが、当時はとくに「ちょっと心配な保育園」という印象が強くて、あんまりにあんまりだったら、働くことを先延ばしにせざるを得ないのかな…と思いながら、娘と一緒に、ある「無認可保育園」へ見学に向かいました。

 

が、わたしの心配は、保育園の門のところですでに吹っ飛びました。とってもちっちゃな、手作りの門。そこから園舎までは、両側にお花がいっぱいでした。ブロックをみちしるべに辿っていくと、その先にちいさなドアがあって、先生がとっても明るく、あったかく迎えてくれました。「むしろ、ここで娘がお友だちや先生と過ごせるように、わたし、働こう」って、その瞬間に決めました。立派な建物ではなかったし、そこらじゅう補修工事だらけだったけど、先生や保護者たちが、ほんとに手作りで、手弁当で、「みんなの保育園」として大切に守っていこうという姿勢が貫かれていました。その後家族の関係が破綻したために1年ちょっとしか通うことができなかったけど、ほんとに、娘とわたしにとっては「こころのふるさと」のような場所でした。

 

たくさんの宝ものをもらった保育園だったけど、なかでも娘にとっての一生の宝ものは、「おいしく、たのしく食べる」ということ。初めて保育園を見学に行ったとき、小さな門から園舎に入るまでの数10メートルのあいだ、ずっとやさしく漂っていた、「お出しで野菜を煮込む湯気のにおい」を私はいまでも鼻の奥、心の奥に憶えています。できるだけ自然のままに、素材の味を大切にして、みんなでたのしく食べるということに、ほんとにこだわってくださっていたと思います。おかげで娘は、ほんとに、いい意味で「口が肥えた」子に育ちました。もちろんジャンクフードも食べちゃいますけど、それでも、「おいしいもの」にはちゃんと反応できる子に育ってくれたと思います。

 

**************

おととい私が作ったカレーを、昨日の夕食まで「3連チャン」で食べた(笑)のですが、今回のカレーには、初めて入れたものが2つありました。

 

f:id:nonchi1010:20190323123605j:plain

①乾燥なすび=出張先の「道の駅」で購入しました。なすびの輪切りを天日で乾燥させたもの。「水でもどしてお味噌汁の具などにどうぞ」って書いてあったんだけど、もしかして、カレーに入れてみたら、ちょっと味にコクが出るかな、と思って入れてみました。

②おからパウダー=「ヨーグルトにトッピングしたり、お菓子の材料にしたり、カレーに入れてもOK」ってパッケージにあったので、「畑のお肉」をいただきましょう、と思って入れてみました。

 

 

そしたら、あなた~~~、いつもと違う、とっても深いお味に仕上がりましたわよ。娘はちっちゃいときはお豆さん大好きだったんですが、最近はあんまりお好みでない。そして「乾燥なすび」も、「え~、そんな変わったモン入れたん?」なんて言われたらムカつくから、「おからパウダー」のことも含め内緒にして、お皿に盛りました。

 

f:id:nonchi1010:20190323123644j:plain

そしたら、カレーを一口食べた娘が、なんと言ったでしょう????

 

***********

おかあさん、今日のカレー、クリーミーでめっちゃおいしいやんか。なんで?いつもと違うルー使った?それとも、なんかいつもと違うものが入ってる?

***********

 

わぁ~~~、すごい。気付いた。おからパウダーと乾燥なすびのことをバラしたら、「あぁ、なんか、だって、いつもと違うもん。でもコクがあって、クリーミーでおいしいよ」と言って、山盛りのおかわりをしておりました。

 

*************:

娘のこの「味覚」の芽を育ててくれたのは、あの「無認可保育園」の給食だったって、わたし、信じているんです。そして、同時に、この「無認可」って何だろうな、って思う。もちろん、「無認可」=「保育環境としてよろしくない」っていう実例はいくつもあると思います。だけど、そうじゃない保育園も、実はたくさんあるんだと思う。むしろ、 あったかい保育を実践していても、いくつかの条件が整わないために、補助金が受けられなくて、結果として保育料が高くなってしまったり、保育士さんたちの雇用条件にしわ寄せがいってしまったり、いろんな苦境に立たされている保育園があるんじゃないかな、って思います。

 

その後、娘と私は大阪に暮らしの場所を移し、娘はもっとおっきな保育園に通うことになりました。そこはそこで、すてきな保育園だったと感謝しています。ワケがわからず、おとなの事情で、大好きな保育園に突然行けなくなって、住むところまで変わってしまって、まさにキツネにつままれた気分だったであろう娘を、先生やお友だちが自然に受け容れてくれたことは、娘にとってもわたしにとっても、ほんとうに感謝すべきことだったと思っています。でも、わたしと娘の「こころのふるさと」は、あの、ちっちゃなちっちゃな保育園。まるで、だいすきな絵本にそのまま出てきそうな、子どももおとなも、ふんわりと包み込んでくれるような、あの保育園だったんだよね。

 

今日の卒園式の朝、あの門から園舎までの光景と、からだの隅々にまで沁みわたるようなおいしいにおいを想い起こして、あらためて、ありがとうの気持ちがあったかく湧き上がってきた nonchi です・・・。

 

f:id:nonchi1010:20190323123711j:plain

 

 

f:id:nonchi1010:20190323123739j:plain

 

わたしのブログに載せるお花や雑草の写真を「いいね」って言ってくれたブログ友だちがいて、とてもうれしいです。ふと考えると、わたしが「撮りたい」と思っているお花とか緑の写真って、あの保育園の門からの道の両脇に広がっていた光景が原風景なんじゃないかな、って、この写真を貼りつけながら、思いました。そうだな、きっと♡

「3000個のおにぎり」への想い。

みなさま、こんにちは。

わたし、すごい野球ファンではないのですが、イチロー選手の「引退会見」は、やっぱり気になって、今朝も出勤ギリギリまでテレビを観てしまいました。「努力のひと」だったんだなぁって、そして「感謝のひと」だったんだなぁって、あらためて思いました。そして、妻さんについて語られたシーンに、泣けてしまいました。

 

 

(ぼくは)アメリカで3089本のヒットを打ったわけですけど、ホームでのゲームの前に妻が握ってくれたおにぎりを食べるんですね。その数が2800ぐらいだったんですよ。(妻は)3000(個)いきたかったみたいですね。3000個、握らせてあげたかった。

 

 

すごいなぁって思いました。ほんとに、一緒に、ずっと一緒に、がんばってこられたんだなぁと思って、その日々を想像して、素直に泣けてしまいました。

 

***********

昨日は、朝から頑固一徹ばあちゃんを「朝風呂」にお誘いして、お昼をわたしのマンションで一緒に食べて、現在リフォーム中の実家を一緒に見に行って、いろいろ喋って、喋ってるあいだに圧力鍋でつくったカレーをおみやげに持たせて送っていきました。娘は、山のような「春休みの課題」を、ひとりではとてもがんばれないと言って、近くのショッピングモールのフードコートに同級生3人で集まって、「勉強会」。まぁ、課題をやってたのか、おしゃべり大会をしてたのか、そこんとこはわかりませんが(笑)、夕方に「おかあさん、脳みそが疲れたわぁ~~」と言って帰ってきました。カレーを一緒に食べて、「ちょっとブラッと出かけよっか」ということで、車を30分ぐらい走らせて、プチお買い物へ。

 

そしたら、娘が大好きな服屋さんで、Beatlesとのコラボグッズに出会ってしまいました♡♡♡

 

f:id:nonchi1010:20190322115416j:plain

 

Beatlesのレコードジャケットがプリントされた、ちっちゃなポーチ、どれが当たるかわかりません、っていうスタイル。悩んだ末に選んだら、欲しかった一枚が当たりましたっっ。一番欲しかったのは、ほかにあるんだけど、でも、その次に欲しかったんだぁ~~。

 

娘には、「おかあさん、ミーハーやなぁ」って笑われた。いいやん、ミーハーでも。「好き」にもいろんな種類があるし、入口は誰でも「ミーハー」なんじゃないん?ね?

**************** 

 

そんなんで、「Beatlesのあたま」になっていたせいなのか、そうじゃなくてもだったのか、今朝のイチローさんの「妻のおにぎり」で心に流れたのが、Stand By  Meでした。

youtu.be

 

イチロー選手の、一番ちかくに、いつも居たのは、妻さんだったんだろうな。3000個には届かなかったけど、でも2000数百個のおにぎりが、彼を「イチロー」たらしめたのだろうな、と、わたしは思っています。

 

すてきだなって、心から、思います。

イチローさん、妻さん、ほんとにほんとに、おつかれさまでした。

 

動画はyoutubeからお借りしました。

夢でもし、逢えたら。

みなさま、こんにちは。

いい天気じゃないのよぉ~、山盛りの洗濯、めっちゃ広~いベランダいっぱいにはためかせたい気分。が、しかし、そんなわたしは、たまった仕事と格闘して1日が終わってしまうのでございました・・・(笑)。明日も、天気にな~れ!!

 

さて、昨日は、我が家の中3女子の合格発表で、おかげさまの「サクラ サク」。一夜明けた娘は、私が出勤するときにようやく、のそのそ~~~っと起きてきて、朝ごはんを半分寝ぼけながら召し上がっておりました。それでも、起きてくるだけ上等。なんでそうなるかといいますと・・・・

 

「いまどき、こうなのね」とびっくりしましたが、合格発表の数時間後の説明会で、いきなり山のような「春休みの宿題」。「もうちょっとゆっくりさせてあげてもよろしいんじゃ・・・・」と思ってしまいましたが、職場の先輩ママさんいわく、「そこからすでに高校生活は始まるんですよ。義務教育とは明らかにモードが違うんです」だそうです。ありゃ、大変(笑)。おまけに、その宿題の範囲から、入学式の翌日には「実力テスト」だそうな。昨日咲いた美しいサクラを忘れてしまいそうな現実のキビしさに、母娘で直面しているという次第です。

 

*************

昨日は、高校から帰ってきて、そのまま娘は塾の先生とお友だちとの「合格祝賀会」に行っちゃったので、夕方から寝る前にかけて、ひっさしぶりに、ひとりで思いっきり、ダラダラ、まったり、させてもらいました。ホットカーペットの上で寝転んでウトウトして、夕飯は笑っちゃうぐらいの手抜きをして、最近気に入って観ていた韓国ドラマの最終回をリピートしながら食べました。そのあと、またゴロ~ッとして(笑)。めっちゃダラダラして、めっちゃしあわせでした。

 

たぶん、ね、太りましたわ、一晩で(笑)。ちょっと書くのが恥ずかしいぐらい、なんだかんだ、食べた(笑)。娘に笑われるから、彼女が帰ってくるまえにちゃんと片付けたけど、鋭い勘にやられて、ほとんどはバレていたと思います…。

 

「かわいくなりたい」スイッチが思いっきり入っている娘に引っ張ってもらって、わたしも春から、がんばらなくっちゃ(笑)。誰に見せるでもないですけど、「誰も見てない」と思ってしまったら、まじで、あかんよね~~(笑)。

 

************

さぁ、ここからが、本日の本題なの。

 

現実世界では、前述のように、イケてないわたしですけど、好きな音楽の世界では、いろいろ、ステキな場面を体験させていただいております。

 

アラフィフ以上じゃないと、ご存知ないかもしれないけど、わたしの大好きなシンガーのおひとり、吉田美奈子さん。

 

吉田美奈子 FLAPPER [Blu-spec CD2]バージョン 吉田 保リマスタリングシリーズ タワーレコード限定盤 [CD]|nekopanda  最近の動向は存じ上げなくて、わたしのなかでは、吉田美奈子といえば、「夢で逢えたら」。なんて説明していいのか、ボキャブラリーが乏しいnonchi は、もどかしい限りなのだけど、とにかく、歌詞の世界にそのまま飛び込める。イントロからエンディングまで、ほんとに心地よく、夢の世界のわたしになれます。

 

いろいろ動画を探してみたけど、吉田美奈子さんバージョンが見つけられず、ここでは大瀧詠一さんに歌っていただきましょう。

 

夢で逢いたいひとがいるあなたも、目の前にそんなひとがいるあなたも、ちょっとかわいいきもちになれるよ♡

 

 

夢で逢えたら

    作詞・作曲 大瀧詠一

 

*夢でもし逢えたら

素敵なことね

あなたに逢えるまで

眠り続けたい*

 

あなたはわたしから

遠く離れているけど

逢いたくなったら

まぶたをとじるの

 

(*くり返し)

 

うすむらさき色した

深い眠りに落ち込み

わたしは駆け出して

あなたを探してる

 

(*くり返し)

 

春風そよそよ

右のほほをなで

あなたは私の

もとへかけてくる

 

(*くり返し)

 

いまも私 枕かかえて

眠っているの

もしも もしも 逢えたなら

その時は

力いっぱい私を

抱きしめてね

(お願い)

 

(*くり返し)

 

 

 

www.bing.com

 

 

サクラ サイタヨ!

みなさま、おはようございます。
我が家のおっちょこちょいの娘ちゃん、先ほど、無事、本命公立高校に合格できました。


ブログで知り合えたみなさんに、たくさん支えていただいて、我が家に春がきました。


取り急ぎ、感謝のきもちとともに第一報を❤️❤️❤️


またゆっくり書かせていただきます。f:id:nonchi1010:20190319103154j:plain

育ててもらったキッチンに、ありがとう。

みなさま、こんにちは。

今日は「彼岸入り」。「暑さ寒さも彼岸まで」って言いますね。今朝、仕事に来るときは寒かったけど、お昼になるとしっかりおひさまが照ってくれて、あぁ、春もすぐそこだなぁって思えてきました。

 

さてさて、いよいよ今日から、実家のキッチンを中心とするリフォームがスタートしました。ほんとなら、「今日からよろしくお願いします」って、職人さんたちにごあいさつすべきところですが、何しろ年度末でいつも以上に自由のきかない身になっているため、玄関にメッセージと一緒にコーヒーとお菓子をセッティングしておきました。もちろん、事前に最終の打合せもしましたし、何かあればすぐ連絡をいただけることにはなっています。贅沢なお話ですが、そういう施主のライフスタイルも含めてご理解いただき、お仕事していただけることに、あらためて感謝しているところです。

 

今日に備えて、週末、わたしと娘がしたこと。

娘が2歳になる前から、中学校へ行くまで、約10年間お世話になったキッチンとの記念撮影。その写真を添えて、キッチンに立ってごはんを作ってくれた頑固一徹ばあちゃんに「感謝状」を渡そうと計画中なのです。いろんなアングルから、娘とわたしも入りながら写真を撮りました。そうやってあらためてキッチンを眺めながら、いろんなことを想い出して、娘とも想い出ばなし、いろいろしました。

 

ばあちゃんの家に娘とふたりで転がり込んだ頃は、まだ娘もちっちゃくて、「そっちは火があるから、危ないよ」って何度言い聞かせても、ばあちゃんが立っているキッチンに登場するもんだから、DIYが得意なわたしが「ゲート」をつくって「進入禁止」にしたこともあったなぁ。娘の背が伸びてきてからは、食器棚の扉に頭をぶつけて、おかしいやら痛いやらで笑い泣きしたこともありました。ばあちゃんの得意料理のひとつ、野菜の天ぷらの夜は、わたしと娘が揚げたそばからつまみ喰いして、「なんぼ揚げても、あたしの分がないっっ」とばあちゃんが呆れていたなぁ。年末になると、換気扇の掃除が大変で、「あんたの背が伸びたんやから、これはあんたの仕事でしょうが!!!」とものすごい剣幕で怒り飛ばされて、反抗期の娘がふてくされてたこともあった(笑)。

 

もちろん、自分がやりたくて、決断したリフォームですが、あらためてキッチンを眺めながら、いろんな場面、いろんなごはんが想い出され、ちょっとこみあげるものがありました。

 

さあ、あたらしいキッチンで、こんどはわたしと娘がばあちゃんにおいしいものを食べさせてあげなくっちゃね。別々に暮らすスタイルはそのままで、ときどきばあちゃんが泊まりに来て、新たな、ちょっとおとなになった女子会をしようと思います。「上げ膳据え膳」すぎると、ばあちゃんも手持無沙汰でしょうから、「ごはん作っといて」もたまにはアリだよね。一緒に食卓を囲めることに、あらためて感謝しながら、おいしいものを、気持ちを込めてつくりたいと思います。

 

*********** 

雨戸を開けて、実家の裏庭を見たら、雑草くんが元気いっぱい伸びておりました。なんでもない風景だけど、でも、なんか、この生命力に、ワクワクしました。新しいくらしに向かって、わたしも娘も、がんばらなくっちゃ、です。

 f:id:nonchi1010:20190318105223j:plain

明日はいよいよ、公立高校の合格発表。どんな結果が出ても、娘の門出は、お祝いしてあげたいと思っています。