nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

寝る前は、静かにたのしむ。

こんばんは。

 

そろそろ寝るんですけど、寝る前にちょこっと「おたのしみタイム」。

 

昨日、京都でウロチョロしたときに、北欧の生地のお店に寄って、「端切れ」を買いました。これ、好きじゃないひとから見たら、「なんでそんな切れっ端にお金出すん?」って思うのだろうけどね~、生地好きにとっては、眺めてるだけでうきうき、ワクワクしてしまうんです。

 f:id:nonchi1010:20200329015205j:plain

 

 

「この生地の、ここの部分を、あれに使おう」とか考えながら、生地をあっちに向けたりこっちに向けたり(笑)。

 

いつもはハーブティだけのところ、ちょっとドライフルーツなどプラスして、贅沢気分。

 f:id:nonchi1010:20200329015231j:plain

 

これ、「ティート」(Tea+eat=Teat)というらしい。お正月に雑貨屋さんの福袋の中に入ってたの、貧乏性だから、大事に置いてた(笑)。

 f:id:nonchi1010:20200329015259j:plain

f:id:nonchi1010:20200329015323j:plain


時間をかけてお茶を淹れて、フーフーしながら時間をかけて飲む。平日の夜にはなかなかそういう時間をもてなくて、味気なく布団に入るのだけども、週末ぐらいはこんなふうに、「なんでもない時間」をゆっくり楽しみたいもんです。

 

***************

なんかね、新型コロナウイルスへの対策について、「戦う」とか「打ち勝つ」とかいう表現が横行してるのだけど、あれ、わたし、ものすごく違和感あるんですよ。

 

「完全な勝利」なんてないと思う。それは人間の傲慢だと思う。ウイルスも「いきもの」やからね。人間にしてみたら、厄介者かもしれないけど、でも、共存しないと仕方ないと思う。

 

そういう、ひとつひとつの言葉の使われ方みたいなものにも、すごく疲れてしまう毎日の報道。寝る前ぐらいは、そういうの、全部OFFにして、好きなものだけに囲まれようと思います。

 

みなさんも、ゆっくり寝てくださいね。

では、また明日。

おやすみなさい。

 

 

 

がんばりすぎたら、あかんよ。

おはようございます。

 

今朝「購読中のブログ」の新着情報に、久しぶりのお友だちの記事がアップされていました。うれしかった~。どうしてるかなって気になっていたから。

 

少し時間が経って、今度は、新型コロナの流行拡大にたいする不安と、忙しい日々のなかで「過労気味」とつぶやくお友だち(・・・と勝手に書いてしまう)の記事。思わず「平日に、自分だけのために時間つかってあげて」とコメントを書きました。

 

がんばりすぎたら、あかんよ。

 

子どももいて、夫さんもいて、100%全面展開で「じぶん時間」は難しいかもしれないけど、ほんの数時間でも、自分をやすめてあげてほしいと切に思う。

 

かく言うわたくしも、「がんばりすぎ」チームのレギュラー(笑)。

 

わたしも、友だちから、おんなじこと、言われてます。

 

なので、今夜は、そんな気持ちをギュッと込めて友だちが送ってくれた、ミントの香りがさわやかなソイキャンドルを点けて、ゆっくりお風呂に浸かろうと、朝っぱらから思っています。

 f:id:nonchi1010:20200328071602j:plain

ほんま、お互い、がんばりすぎたらあかん。

 

きっと、もう十分がんばってんねんから。ね?

 

写真より、ずっと、あったかい。

こんばんは。

 

京都散歩、とても楽しかったです。

雨の中だったけど、桜も堪能できたし、懐かしいイノダコーヒーにも行けたし。

 

だけど、一番うれしかったのは・・・

 

f:id:nonchi1010:20200327215626j:plain

 

大事なイラストに、すてきな額縁をつけてあげられたことです。

 

************

わたしののブログ友だちのおひとり、「ドグマくん」。

あったかいパステルトーンのイラストと、やさしい言葉で綴られたブログのファンだったのですが、「読者さんのイメージをイラストにしてみよう」という連載のなかで、なんと私のことも描いてくれました。

 

asasyukan.hateblo.jp

 

ものすごくうれしかったんですよ。実物の100倍かわいい「白衣の天使」もさることながら、その右隣のスナフキンがね、「台所ともだち」の雰囲気、イメージにぴったりで、泣けるほど感激だった。

 

しばらく考えていたのだけど、思い切ってお願いしました。

 

「イラスト、いただくことはできませんか?」

 

そしたら、こころよくOKしてくれて、「お手紙」を添えて送ってくれました。

 

************

新型コロナウイルス騒ぎがなければ、3月に韓国へ娘と娘の友だちと私の3人で「女子旅」に行くつもりだったんです。額縁をオーダーメイドしてもらえるお店がたくさんあるので、送ってもらったイラストを持参して、作ってもらおうって思ってました。

 

でも日々状況が悪化するなかで、「女子旅」は中止に。いつ行けるか、まったくイメージもできない状況です。

 

旅の実現までのあいだずっと、クリアファイルに入れたままにはしたくないなぁって思って。

 

いろいろ探してみた結果、見つけたのが「画箋堂(がせんどう)」という老舗の画材屋さん。メールで問い合わせたら、「店頭で実物を見ながら、一緒にイメージをつくります」と丁寧な返信をいただきまして、本日、京都へ行ってきたというわけなのです。

 

****************

出来上がった額縁、とてもとても気に入りました。

 

なんていうのかな、写真よりも、ずっと、ずっと、あったかい。

 

ずっと眺めてても飽きない。

 

台所友だちのことや、このイラストを描いてくれたドグマくんのことをあれこれイメージしながら、心がぽかぽかしてきます。

 

どこに飾るって、もちろん、そりゃ、台所。

 

明日、念入りにお掃除して、場所を決めようと思います。

 

************

 

京都から帰ってきて、相棒と一緒に台所に立って夕飯を作りました。

f:id:nonchi1010:20200327215700j:plain

 

ドグマくんのイラストを見てたら、ちょっと元気がないときも、疲れて帰ってきたときも、「よしっっ、ごはん作るぞ」って思える気がするよ。

 

たいへん、たいへん、ありがとうございました。

 

大事に、大事に、大事にさせてもらうね。

京都の〆は甘味で。

こんにちはー。

結局、またまた降ってきた。

やっぱり私、雨女なんだな~、とりわけ京都方面。

 

イノダコーヒーを出て、鴨川沿いをそぞろ歩き、あとは食器や北欧のファブリックのB級品を買って、またお散歩をして。

 

そろそろ晩ごはんが気になり出しました。

 

さあ、京都散歩の〆は、考えた末、甘味で決まり!

 

欲張りに、甘味点心だよーん(笑)。

 


f:id:nonchi1010:20200327165801j:image

京都方面、雨女。

おはようございます。

 

月曜からずっと、思いっきり、思いっきり働いて、少々強引気味に平日休みを取りました。

 

ひとつ用事があって、それと、ぶらぶらしたくて、京都に行こうと思います。

 

が、しかし。

 

また、雨やないの。

 

先月、アン・サリーさんのライブに行ったときも、結構な雨降りだった。しかも、とっても久しぶりの、楽しみにしていた京都だったのに。

 

でも、よろしいわ。雨なら雨で、前回同様「雨の京都」を楽しませてもらいましょう。

 

奈良に遊びに行くときは、割と「あの喫茶店、あの食堂、あの雑貨屋さん・・・」っていうイメージを固めて出かけるのですけど、京都はしばらく行ってないこともあり、あんまり「引き出し」がありません。今日も、目的のお店に朝いちばんで寄って、そのあとは、テキトーに歩きながら決めようかな、と思ってます。

 

ゆうべは、年度末の一番気が重い会議があり、「何も発言すまい」とか思ってたのだけど、結局、「ちょっとよろしいでしょうか」と切り出してしまいました。なんだろうな~、この性格。墓穴掘ってるよなぁって思うことばっかりですけど、なかなか直りません。たぶん、ずっと直らないんだろうな(笑)。掘ったその穴に「ズボッ」とはまったり、掘って積み上げたはずの土を、またせっせと穴に戻したり(笑)、たまには、その穴に種を蒔いたり、苗を植えたりもしながら、もうしばらく働き続けていくのだろうな。そんなふうに思いながら、ゆうべも「トマト鍋」にしました。相棒がいたく気に入ってくれたのでね。

 

で、今朝は、残しておいた「おつゆ」にお餅を投入してみました。お腹にぽかぽかな感じがうれしいです。豆乳ヨーグルトの上に、あふれそうにグラノーラと果物をてんこ盛り。ゆっくりした朝ごはんは、それだけでしあわせを運んでくるかんじがする。

f:id:nonchi1010:20200327063507j:plain

f:id:nonchi1010:20200327063541j:plain
f:id:nonchi1010:20200327063451j:plain

 

 

さぁ、京都方面、雨女。

上等です。

 

では、静かな音楽を連れて、行って参ります。


手嶌 葵 Teshima Aoi 『明日への手紙』Live