のんちのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

どの口で言うてんのかな。

どうにかこうにか、週末が見えてきた。

コロナがらみで休まざるをえなかったスタッフたちが、少しずつ現場に戻ってきてくれている。「久しぶりに働いたから、腰が痛い」と言いながら、でも、なんだか活き活きと動いている姿を見聞きすると、ホッとしたというより、勇気づけられた。みんながちからを合わせて働いているんだなぁとしみじみ、思う。

 

「ちからを合わせて」といえば、我が女三世代家族も、ちからを合わせてこの状況に立ち向かっているところ。一番がんばってくれているのは、頑固一徹おかんです。

 

おかんは、4月の相棒ちゃんの看護学校入学までの期間限定で、「あんたのお弁当は私が毎朝作ったる」という、ありがたすぎるキャンペーンの真っ最中。

 

朝、新聞を届けるとき、お弁当を持たせてくれるのだ。

 

相棒ちゃんは、もう高校生活が「消化試合」状態なので、お昼で終わってそのままアルバイトへ。おかんのお弁当の話をしたら、「おばあちゃんはな、おかあさんのことがかわいくてたまらんねんで。そんなこと、なかなかできへん。でも、ある意味、それはおかあさんの親孝行かもしれんな。おばあちゃんは、『作ってあげよ』と思って毎日がんばるわけやん?それ、めっちゃええことやん」と、すんばらしいお言葉を返してくれた。ほんと、そうだよな、と、パーフェクトに納得。

 

お弁当は、まさに「これぞおかんのお弁当」。からだにいいものしか入ってません(笑)。そして、その昔、わたしが子どもだった頃にはお構いなしだった「彩り」なども考慮された、目にもおいしいお弁当なのであります。

 

f:id:nonchi1010:20220126130630j:plain

f:id:nonchi1010:20220126130641j:plain

f:id:nonchi1010:20220127122555j:plain

 

おいしいし、ありがたいし、朝からいろんな調整ごとに頭をつかったあとの「お昼休憩」が本当に楽しみなこの頃。

 

 

「できるだけ体力温存して、なんとか乗り切りなさい」と言ってもらって、こんなおいしいお弁当をいただいて、これでがんばらんワケにはいきません。

 

 

この状況、ちゃんと出口はある。そこまで、何としても、がんばりたい。

 

 

おいしいものを作ってもらうと、自分もなにか作りたくなり、林檎ジャムなど作ってみたよ。

f:id:nonchi1010:20220126130659j:plain

 

パンも家で焼いて、バターとジャムをたっぷりのっけたら、カロリーとか、もうどうでもいいのです(笑)。おいしいもんは、おいしいのだ。

f:id:nonchi1010:20220126130719j:plain

 

 

*****************

ところで、こんなおいしいもののあとに、おいしくない話。

 

自身の「口のうまさ」を「ヒトラー」を引き合いにだされて激怒している人物と、彼の古巣の人びと。なんともいえず、「見ていられない」気分になる。

 

確かに、「ヒトラー」とは、非常に尖った「たとえ」ではある。だけど、まったくの的外れな印象は、正直なところ、ない。

 

そして、もちろん「噛みつく」だろうなと思っていたら、案の定。

 

でもね、思ったのだけど、「許せない」とする理由の数々、それを「そっくりそのまま返したい」と思っているひとは、少なくないのではないだろうか。

 

いままで彼が口にした「人権感覚を疑う」ことばの数々、政策の数々。誹謗中傷なんていうレベルははるかに超える、とんでもないことをしてきたと、わたしは記憶している。

 

そのあなたが、どの口で言うてんのかな。

 

 

「そんな誹謗中傷してるヒマあったら、自民党に真っ向勝負して勝てるちからをもってる我々から学びたまえ」みたいなことをおっしゃっているけど、なんて傲慢なのかなと思う。

 

でも、彼(彼ら)は「民意」にとっても敏感だから、その主張が「ウケる」という確信をもっているんだろうな。そして、残念ながら、それはハズレでは、今のところ、ない。

 

 

「こっちについとかないとヤバい」と思わせるのが本当にうまいと思う。「徒党」を組ませるのがとてもうまいと思う。

 

 

だけど、その集団のなかにいて、本当にしあわせになれるのか。本当に豊かに生きられるのか。

 

 

そうじゃないやん、答えはいっぱい出てるやん。

 

 

ほんま、どの口で言うてんねん。

 

*********

・・・・と、たったこれだけのことを書くのに、ちょっと勇気がいるわけです。「もし彼の支持者が読んで、いやがらせみたいなことコメントに書かれたりしたらどうしよ」とか思ってしまうわけです。

 

だけど、そうやって縮こまってはいたくない、のであります。

 

山椒は小粒で・・・よりも小粒で「あらびき胡椒」レベルにちっちゃいけれども、ピリリという辛さにも欠けるかもしれないけれども、でも、やっぱり、黙っていたくはないのであります。

 

 

 

 

これは、おかんのお弁当をいただいたお陰、なのかもな。

行き詰まる朝。

先週の土曜日は、現場の応援に半日入って、午後からは相棒ちゃんとの約束の用事があって出かけた。出かけている間も、複数回、「コロナの濃厚接触」や「ご家族がコロナになった」や、「保育園、小学校がお休みになった」という報告の電話が鳴り、その都度、現場のリーダーが調整に奔走してくれた。このままの勢いで感染拡大が止まらないと、本当に、現場で看護や介護をするひとがいなくなる。おまけに、ワクチン3回目接種も同時進行で、強い副反応で寝込むスタッフもいる状況。「濃厚接触者の出勤停止期間を短縮」の動きはあるけど、それですべては解決しない。「感染リスク」のあるスタッフを、ただ「人が足りない」からといって働いてもらうことは、やっぱり違うと思うから。

 

春が来る頃には、もう少し穏やかな気持ちで過ごせるようになるのだろうか。「今週で高校のお勉強はおしまい」と嬉々としている相棒ちゃんがちょっと恨めしくもあり、でも、その天然の明るさに救われているようでもあり・・・だ。

 

 

**********

 

そんなこんなで始まった今週。

 

 

出勤の車を運転しながら、名護市長選の結果を聞く。

 

 

あぁ・・・・・、そうなったか。

 

 

気分がさらに塞ぐ。

 

 

普天間基地の名護市辺野古への移設に明確に反対した新人を抑えて、「辺野古」をまったく争点にせず、完全にぼやかした現職が当選したとのこと。

 

 

この結果は、名護市民だけが受け止めるべきことではないと、すごく思う。

 

 

米軍基地から、米軍兵士から爆発的に拡大した、今回の沖縄のコロナ。この状況のなかの、この結果。そのことを、重く受け止めなきゃいけないのは、沖縄から遠く離れて暮らしているわたしたちのほうだと思う。

 

 

「経済をまわす」とか「振興」とか、もちろん霞を食べて生きてはいけないけど、そこには、人間が安心して暮らしていけるという大前提が必要なはずじゃないか。

 

 

「基地と経済はセット」。

「基地がNOなら、経済も知らないぞ」。

 

 

 

 

 

それは、違う。なのに、その苦渋の選択にもならない押しつけを、いつも、いつも、いつまでも、沖縄のひとに強いていることに、心が行き詰まる朝だった。

 

 

ネーネーズの歌が大好き。

とくに、この歌は、やさしく、厳しく、わたしに問いかけてくる。

 

 

 


www.youtube.com

 

 

 

本当の花を、咲かせたい。

咲かせなくちゃ。

 

 

 

 

 

この「がんばり」があるから。

昨日の記事に、たくさんおことばをいただいてありがとうございます。相棒ちゃんのこと、ひいてはわたしのことを承認してもらえて、すごくうれしかったです。冷や汗が出るようなことは、いくつもいくつも経験してきましたが、きっと、そのひとつひとつが相棒ちゃんを成長させてくれたんだなぁと、あらためてしみじみと思いました。共有してくださり、感謝します。

 

 

さてさて、

 

みなさんの周辺でも新型コロナの感染はどんどん拡大しているだろうと思います。不安ですよね。自分が罹りたくないのはもちろんだけど、家族も、友人も、同僚も、ご近所さんも、みんな、罹ってほしくないなぁって思います。でも、おそらく、まだまだ感染者は増えていくだろうと想像します。

 

自分が感染したり、濃厚接触者になったりしたら、当然仕事を休むことを余儀なくされるのだけど、ママさんスタッフが多い職場でとっても大変なことは、「学校や保育園がお休みになってしまうことで、子どもを置いて仕事に出られない」という理由での欠勤者が増えることです。

 

職場とお家が近いことは、子育てをしながら仕事をしていくのに、とても大きなメリットなので、スタッフの子どもたちは「おんなじ小学校」とか「おんなじ保育園」のことが多いのですよね。すると、ひとつの小学校がお休みになると、その影響で仕事を休まざるをえなくなるスタッフが一気に複数発生するわけです。

 

 

昨日のうちの職場がまさにその状態。

 

 

現場のリーダーから電話が入り、「〇〇さんと△△さんと、□□さんと、うちも、学校お休みになりました。えらいことです。いまからいろいろ調整してみます」と。「あぁ、とうとうきたか」と思いました。ちょうどお昼の会議のとき、その話題があがったところでした。でも、これ、どうしようもないのです。メンバーを欠いた状況でも何とか切り盛りするしかないのです。

 

 

数時間おいて、リーダーから再度電話が。

 

「子どもたちが、がんばってお留守番してくれることになったんです。なので、欠員は当初の想定より、かなり絞り込めます」と。

 

 

電話を受けながら、泣きそうになってしまいました。

 

子どもたちのなかには「一人っ子」ちゃんもいるんです。小学校低学年の子もいるんです。それでも「お留守番しとくからお仕事行っていいよ」って言ってくれたというのですよ。

 

 

わたしたちは、この「がんばり」があるから仕事ができるんです。「コロナ禍」でもなんとかやってこれたのは、ほんとに、彼女彼らの存在が大きかったです。もちろん、無茶な「がんばり」を強いてはいけないと思っています。でも、ほんと、正直、今回のピンチは、子どもたちの「がんばり」によって切り抜けることができそうです。

 

 

そのやりとりを隣で聞いていた相棒ちゃんが、言いました。

 

 

「すごいなぁ、子どもたち、偉いなぁ、何かしてあげたいなぁ」。

 

 

で、ふたりで出したプラン。

 

「ここは、おやつ、やんな(笑)」

 

子どもたちが好きそうなおやつの詰め合わせを作って、明日、出勤してきたママたちに預けようってことにしました。

 

 

相棒ちゃんは、お財布から「自腹」を切ってくれました(笑)。

 

 

「懐かしい。〇〇も、おかあさんの仕事場の2階でテレビ観ながら、おやつ食べながら、待ってたことあるから、なんか、自分のことみたいやわ」と。

 

 

 

ほんのささやかなおやつなんだけど、でも、心からの感謝を込めて。

おねえちゃんからの「ありがとう」もいっぱいこもってるよ~。

 

 

 

みんな、支えてくれて、ありがとう!!

 

f:id:nonchi1010:20220118215056j:plain

 

失敗からチカラをもらえるひと。

うちの母娘(わたしと相棒ちゃん)は、ときどきお風呂に入るのがめっちゃめんどくさくなります(笑)。「寒いし、もう、寝ちゃおっかな」とか思ってしまいます(笑)。相棒ちゃんなんか、JKなのにね、そういうとこ、恐ろしく「テキトー」で、「だって、彼氏がおるわけじゃないし、誰も気にしてないやろ」とか言います。

 

ゆうべも寒かったから、ふたりの間に変な連帯が生まれて、「どうするぅ~?やめとく?」とか悪魔が囁いたのですけど、「いや、もう、勢いつけて一緒に入ってしまお」となり、ふたりで賑やかに入りました。(本日は写真はないよ、笑)

 

ひとりが湯舟に浸かって、もうひとりがシャンプーとかするのだけど、台所やテーブルで話すよりも、お風呂に一緒に入りながら話すほうが、なんだかリラックスして、いろんな話ができます。

 

ゆうべは「東大前での事件」の話になりました。

 

相棒ちゃんは「まだ高2やのに、なんでそんなふうに思ってしまったんやろなぁ」と。そして「悪い方向にしか考えられへんかったんかな」とも。

 

「〇〇なんて・・・・なぁ、おかあさん」と振られた話。ほんと、「その日」は大変なことになっていたのですよ。

 

***********

 

相棒ちゃん、看護学校を3つ受験しまして、本命校の試験は最後にありました。1校目の受験日はちょうど仕事も休みだったし、「できるときにはおかあさんらしいことをしよう」と思って、車で送迎してあげました。

 

我が家には相当珍しく、思いっきり余裕をもって家を出発。学校近くのマクドナルドで時間調整して、それでも時間をもてあまし、学校の周りを探索しながら正門に向かいました。

 

 

そしたら・・・・

 

 

え?誰もいてないけど、なんで?

 

 

めっちゃ静かやけど、なんで?

 

 

「〇〇学校入学試験会場」とか書いてないけど、なんで?

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか、あんた、会場間違えてないか?!

 

 

 

 

 

いや、スマホの「入試会場地図」見たけど、合ってます。

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

そしたら

 

 

 

あとは可能性はひとつしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

「試験、今日なん?」

 

 

 

 

 

 

 

わたしの質問に、オロオロしながら相棒ちゃんが再度スマホの画面をスクロール、スクロール、スクロール・・・・・

 

 

 

 

 

 

相棒ちゃん、凍りつく。

 

 

 

 

 

 

 

「おかあさん、今日じゃない」

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

マジで?

 

 

 

 

 

ほんなら、明日?来週?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「きのう」

 

 

 

 

 

 

 

はぁ?!?!?!

 

 

 

 

ことばを失くしましたよ。しばし、文字通りの絶句。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ものすごく冷たく言ってしまった。

 

 

 

 

「それ、信じられへん」

 

 

 

 

 

 

なんか、いま思い出すと、やさしくないよなぁと思うのだけど、その先の言葉が浮かばなくて、もう黙ったままスタスタとコインパーキングに向かって歩き始めてしまいました。しかも、頭が真っ白で歩いているから、途中で道に迷った。

 

 

で、どうにかこうにか車に乗り込み、まったく無言で運転して、どこをどう走ったか、思い出せないけど、家に辿り着いた。

 

 

「そこは親の責任でしょ」と思われるかもしれないけど、わたしは相棒ちゃんに「おばあちゃんには自分で責任もって報告しなさい」「学校と塾にもあんたが自分で連絡しなさい」と言いました。もちろん、あとから両方ともに「親として」の連絡はしましたが、最初の第一報は本人からさせようと思いました。

 

 

家に帰るまでは、相棒ちゃんの「詰めの甘さ」をただただ責める気持ちでいたけど、涙目で自分の部屋に入ってばあちゃんに電話で報告する相棒ちゃんを見ていると、今度は自分が情けなくなってきて、へたりこみました。

 

 

「親として、何をやってたんかな」と思いました。完全に本人任せにして、最後の点検とか、一緒にしなかったし。入試の日程を間違えるなんて、そんなこと想像もしなかった。だけど、思い返せば、いまどき、入試要項とか、案内とか、全部スマホにメールで届くんです。だから、一緒に内容確認するってこと、まったくしなかった。何が届いているかも把握してなかった。

 

 

それは、いくらなんでも、あんまりにも、ほったらかしすぎたのではないかと、猛省しました。

 

 

一緒に試験を受けることはできないけど、せめて、何がどうなっているのか、いつ何をするのか、そういうこと、ちゃんと「見える化」して共有しなきゃ、これはあかんな、と思いました。

 

 

で、コルクボードを廊下に貼って、そのあとに続く本命校の受験案内と、カレンダーに「いつ、なにをするか」を相棒ちゃんに書かせて、御守も一緒に貼り付けました。そして「おかあさんもあかんかった。あんたも甘かった。だから、ここから一緒にがんばろ」と伝えました。

 

 

 

***********

結果、相棒ちゃんは、あとに続く「滑り止め」と「本命校」の両方で合格通知をもらいました。

 

 

本命校の面接では、さらに、ちょっとしたハプニングがありました。

 

 

「あなたのお母様も看護師さんなんですね。この受験のこと、どうおっしゃってますか?」と面接官に尋ねられた相棒ちゃんは、「応援してくれてます」と答えたかったらしいのですが、そのことを口にしようとしたら、突如いろんなことが頭をよぎって、涙がこみあげてきて、ぽろぽろ泣いてしまったそうで。

 

 

面接を終えてLINEで報告してきたとき、「おかあさん、あかんかも。落ちたかも」と書いてきました。「言いたいことは全部言えたと思うけど、泣いてしまったから、全部チャラになった気がする。あかんと思う」と。

 

 

わたしは、「あぁ、それであかんかったら、あかんかった時やで。あとは待つだけ」とお返事しました。

 

 

(結果は、まさかの合格でした。)

 

 

*************

 

うちの相棒ちゃん。いろいろやらかしてくれるひとですが、この、とんでもない失敗から起ち上って、よくがんばったよな、と、我が子ながら感心します。

 

 

で、ゆうべのお風呂で相棒ちゃんが言ってました。

 

 

「失敗しても、そこで終わりちゃうねん。

それをチカラにしたらええねん」

 

 

 

ほんまよ、ほんま。

 

 

失敗からチカラをもらって、またがんばればいいんですよね。

 

 

「失敗してもまたがんばる」ことが保障される世の中であってほしい。道は一本道じゃなくて、脇道とか、迂回路とか、いろいろあって、「一回休み」みたいなのもあっていい。行き止まりはないよ、と相棒ちゃんにも、自分にも、みんなにも、言いたいです。

 

 

「文句あるなら食べんでええ!!」

土曜日に、音楽三昧の夜を過ごさせてもらったので、昨日は相棒ちゃんのリクエストにこたえて夕飯を作ろうと思って、バイト帰りの相棒ちゃんを誘って買い出しに行った。

 

リクエストは、

 

皿うどんと豚汁。

 

なんか、地味やな(笑)。そして、スーパーに着いてから思い出した。「あ、そういえば、ビーフンが1袋ストック引き出しに残ってた」。で、「やっぱりビーフンに変更してくれへん?」と提案して路線変更。「じゃぁリクエスト聞いても意味ないやん」と言わないのが相棒ちゃんの立派なところ。

 

「ビーフンに入れるお野菜」は買ったけど、野菜室にも「これ、入れちゃお」と思う、少し古めのお野菜があったので追加投入してテーブルに出した。

 

そしたら、一緒に食べた相棒ちゃんが、笑いながら言いましたとさ。

 

「おかあさん、お野菜の味しかせぇへん」

 

 

え?そうかな?

 

食べてみたけど、そんなに言うほどじゃないとわたしは思ったよ。しかも、あんた、作ってもらってそれはどうよ?

 

そしたら、ちょっと空気がマズいと思ったんでしょうか、追加で相棒ちゃんが

 

「いや、おいしいねんで。

おいしいけど、お野菜満載やなぁ、

みたいなかんじ(笑)」

 

笑えるフォロー。でも、そこ、「ちょっと空気がマズい」と思った、そのちっちゃい気付き、相棒ちゃんらしい。

 

 

************

想い出すのは、わたしが小学生の頃の頑固一徹おかんの料理。

 

ギリギリまで仕事したり、ほかの活動したりして、普通のお家じゃとっくの昔に「ごちそうさま」してそうな時間に超特急で作ってくれるおかんの夕飯。

 

 

「あれはおいしかった」と想い出すものより、「あれ、キツかったな」というほうが多いのは、時効だから言える話。

 

 

「キツかった」メニューの筆頭は、「玉ねぎが半生のオムレツ」(笑)。

 

おかんのオムレツは、牛挽肉と玉ねぎの薄切りとニンジンの千切りを炒めて、卵焼き用の鉄のフライパンに卵液をジュっと流してそこにさきほどの具を載せて、ぐるっと卵を巻くというレシピ。味付けは塩コショウのみ。

 

で、大急ぎで作るもんだから、具材の玉ねぎとニンジンが半生のことが多い(笑)。ニンジンは食感がキツいけど、まだ我慢できた。でも玉ねぎの半生は、子どもの味覚には「苦すぎてたまらん」のだわ。

 

わたしには3歳下の弟がいるのだけど、彼もこの「超特急オムレツ」が大の苦手で。ある時、台所に立つおかんに見えないところで「勝ったほうがちっちゃいオムレツを選べます」というじゃんけんをしていたら、いつの間にかおかんが傍に立っていて、ものすごく激烈に叱られた。

 

「文句あるなら食べんでええ!!」

 

ものすごくおっきな声で、ものすごく烈しく叱られた。弟とふたり、「そんな怒らんでもええのに」とうらめしく思いながら、苦くておいしくないオムレツを、黙々とそそくさと、いただいたのだった。

 

でも、いまなら十分すぎるほどわかる、おかんの怒り。

 

それにも増して、あの忙しさのなかでも、インスタントものを食べさせなかったおかんのこだわりと愛情に、あらためて敬服する。

 

きっと、もっと手の込んだ、おいしそうなものを作ってあげたかっただろうと想像する。だけど、彼女の天秤では「我が子のおいしい夕飯」よりも「世の中の理不尽さに抗うこと」がまさっていたのだなぁ。「わたしはあんたらのおかあさんだけをやってるわけじゃないねん」と、子どもには理解し難い深い話をされたこともあった。

 

わたしは、いいか悪いかは別にして、そういうおかんの姿を再生産することには抵抗があって、結果、「世の中の理不尽さに抗うこと」が二の次、三の次になって、つまりはいまの世の中の片棒を担いでいるのだよな、と思う。

 

それでいいのか、と思う。

 

思いながら、今日も、暮らしている。

 

そんなことを思いながら、ゆうべの残り物のビーフンをチンしていただいた。

 

 

 

 

 

やっぱり、野菜の味、すごく、したわ。

野菜のなかに、ビーフンが入ってるようなバランス(笑)。

f:id:nonchi1010:20220117125946j:plain

 

 

ばあちゃん、わたし、相棒ちゃん、女3世代の歴史とこれからについて、ぼんやり考えながら、ちょっとのびたビーフンを頬張ったお昼休憩だった。

 

絶景、空腹(笑)。

手がカチコチになりそうに寒い!

 

だけど絶景。

 

吉野川からの一枚。

 

 

だけど、空腹(笑)。

 


f:id:nonchi1010:20220116083302j:image

 

喫茶店探そっと。

 

 

その後、結局川縁に喫茶店はなく、帰路の途中でおいしいモーニング。

 


f:id:nonchi1010:20220116103352j:image

お野菜がカラフルで、元気もらいました。

いまから道の駅で野菜買って、古本屋さんと古道具屋さんに寄って、帰ります。

 

幸せな日曜日ざます。

 

 

ウッドベースで歌わせてもらう。

ものすごーーーく久しぶりに、リスペクトする音楽仲間というにもおこがましい人びとと一緒に歌わせてもらった。


初めてウッドベースをバックに歌わせてもらった。


いつものユーミンを、「ボサノバ風」や「フォービート」と、ベーシストの大先輩の導きで歌わせてもらった。


まるで天国。


満面の笑みの自分が、自分自身にビシバシと伝わってきて、全身でワクワクした。


ベーシストの大先輩が「楽しそうに歌ってたな」と言ってくださり、幸せさが百倍。


最後はレコードを聴かせていただいています。


f:id:nonchi1010:20220116001734j:plain

f:id:nonchi1010:20220116001802j:plain



眠れなくてもいいや。

おいしい珈琲には敵わない。


f:id:nonchi1010:20220116001840j:plain



幸せな土曜日の夜。


追記
レコードは家から持参しました。
f:id:nonchi1010:20220116102158j:plain