のんちのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

選挙のこと、仕事のこと。

間近に国政選挙が迫っていることを、メディアと政権が結託してひた隠しにしているとしか思えない。記憶しているなかで、いまが一番ひどいと思う。そして、私自身も、最近、かなり「落ちてるな」と思う。

 

わたしはその昔、看護師になりたての頃、自分が働く病院の方針で、入職すると同時に「自動的」に職能団体に加入させられた。そればかりか、国政選挙のときに「看護師の代表を国会へ」と擁立された候補者の後援会への入会とカンパを事実上強制された。しかも、その候補者は「自由民主党」の公認候補だった。

 

わたしはその後援会への入会について「思想信条の自由に反してると思います」と当時の病棟の主任さんに申し出た。その時の主任さんの迷惑そうな顔を、いまでもはっきり憶えている。「〇〇さんの言いたいことはよくわかる。だけど、これは看護師の地位向上のために大事なことやから理解してほしい」とやんわり、じんわり説得されたけど、「看護師の地位向上は必要と思いますけど、そのことと引き換えに自民党の政策に賛同はできません」と拒否した。そしたら、それが大問題になった。「そんな生意気な新人はどこのどいつだ?!」みたいなことになり、何度も呼び出されてお叱りを受けた。最終的には、ひどい話だけど、わたしが病棟に納めていた「詰所費(毎月、休憩室で飲むコーヒー代や、病棟での忘年会、歓送迎会の積み立てとして徴収されるお金)」のなかから後援会へのカンパを勝手に支払われてしまった。加えて、そこから主任さんの上司である婦長さんからの陰湿ないじめが始まった。

 

主任さんは私を休憩室に呼び出して、「〇〇さん、ごめんね、助けてあげられなくて」と言ってくれたけど、その言葉のとおり、いじめられている私を守ってくれることは、ただの一度もなかった。そんなふうに、尊厳を傷つけられるひとのことを傍観できるひとが、どうして看護なんてできるのか、もちろん私をいじめた婦長さんに至っては、論外もいいとこで、看護師という職業に対して新人ナースなりに、相当に幻滅した。

 

その後、その病院を辞めると同時に、職能団体からも抜けた私が、20年以上経ってから、その職能団体の会館に定期的に足を運ぶことになるとは、思ってもみなかったけど、いま、そんな立場で仕事をしている。

 

大阪というところで、この数年のコロナの時代を看護師として生きて働いてくるなかで、ものすごくもどかしくて、ものすごく悔しかったこと。それは、がんばればがんばるほど、「維新政治」の片棒を担ぐことになってしまったことだ。とにかく、目の前の患者さんのため、一緒に働くナースたちのためにがむしゃらにやってきたけど、それがまるで知事の手柄のように扱われていることがたまらなく悔しい。

 

それだけでなく、今回の参議院選挙に「看護師の地位向上のために」と擁立された候補者は、またしても政権政党の公認を受けていて、その候補者を「看護師のリーダーのひとりとして、あなたもぜひ応援して」という。

 

それはない。

ちょっと前にも書いたけど、それは、ない。

 

だけど、わたしのどこかに、あの新人ナースのときに受けたいじめのトラウマが残っていて、はっきりとした態度で「そんなことには賛同できません」と表明するだけの勇気がない。「後援会入会の名簿に名前を書いて返信して」という要請に、沈黙するだけしかできていない。その自分のことが不甲斐ない。

 

そんなことに加えて、仕事のなかで、ひとを信じられなくなるような出来事に直面していて、正直、「もうリセットしたい」と思ってしまっている。もちろん、すぐにそれが実現はしないけど、でも、がんばることへの気力みたいなものが、相当に目減りしているのを日々感じる。

 

そんな私のことを静かに眺めながら、頑固一徹おかんは、知り合いに「親書」を書きまくっている。「この選挙で大負けしたら、この国は本当に大変なことになる」と伝えまくっている。おかんはおかんで、特にこの数年、「わたしは一体なにをしてきたんやろ」と無力感に苛まれることがたくさんあっただろうに、それでもやっぱりおかんはすごい。尊敬する、まったく。

 

あかんたれの娘で申し訳ないな、と思いながら、それでも何とかがんばろうと思って、友だち便で送ってもらった男爵イモと玉ねぎでコロッケを山盛り作った。

 

 

むしゃむしゃ頬張っていたら、お腹の底のほうからあったまる感じがした。

 

何が、どれだけできるか、わからないけど、自分の選ぶ道は間違ってないと自信をもって進んでいかなくっちゃ、と思えた。

 

 

生き方をこそ、教わる。

短文でも、感じたことを、そのときに。


九州から「友だち便」が届いた。

おいもさんが届くとは予告されてたけど、箱を開けて、本当に、感激した。

ひとつひとつの品種の説明と、オススメの料理まで書いてくれていた。

なんていうかな、野菜の袋に書かれたその文字から、わたしは生き方をこそ教わった気がする。


自分の仕事に、最後の最後まで真剣に、丁寧に向き合う。


そのことは、誰かのこころを、熱くする。

いちばん身近な後輩の成長。

最近、仕事で自分のリーダーとしての役割というか、舵取りというか、ありようすべてというか、そういうのを問われる状況が続いていて、このブログに書きたいこと、たとえば映画、たとえば音楽、たとえば手芸、たとえば梅仕事、などなどをずっと書けずにいる。最初の数行で止まってしまい、文章にリズムがない。こころにもリズムが起きない。


それとは対照的に、いま、相棒ちゃんの文章がなんというか躍動感にみなぎっている。その文章たちは、もっぱら看護学校の授業で課されるレポートだけど、その内容が、とても素晴らしい。こないだは、お昼にLINEがきた。「画像が届いてる」との通知だったので、「もしや、今朝持たせたスープが、ポットの蓋が緩かったとかでこぼれて困ったぞーーーってか?!」と焦って確認したら、レポートに花丸がついた画像で「おかあさん、授業で名指しでほめられた!!」と(笑)。そんなこと、いままでなかったので、相当うれしかったのだろう。わたしは「スープこぼれ事件」の想像と、おめでとうのことばを返信した。


夕方帰宅したら、また別のレポートも、先生の温かいお褒めのメッセージ付きだった。先生が患者さん役をしてくださり、その患者さんに一年生の彼女・彼たちなりに看護を展開してみて、その振り返りのレポートだった。書いている途中、何度か読ませてもらってはいたけど、完成版を読んで、正直、泣きそうになった。「そうそう、そのとおりやで」と思うところがたくさんあった。というより「そうそう、そうだったよね」と、なにか、大切なものを呼び覚まされる気がした。


いま、わたしが直面している状況は、その大部分をわたし自身が招いたとは思う。でも、そこへの立ち向かい方を、もう少し、なんというか、希望的にというのか、自分が持てる可能性、ちからを自分自身が信じて、肯定して、やっていかなきゃだめなんだと、相棒ちゃんの文章が教えてくれた。


いちばん身近な後輩。


メキメキと成長している。


その根っこは、おかんとわたしと彼女で培ってきた。


うん。


だから、わたしも、がんばれるはず。

おかんとこに立ち寄る。

相棒ちゃんが、初めての実習で、訪問看護ステーションにお世話になった。夕方、LINEで「ガン末期のひとのところに同行させてもらって、『おうちに居る』ことってすばらしいと思って、帰ってきて学校での振り返りの会で号泣してしもた」と報告をくれた。


そんなふうに「在宅看護」を受け止めてくれて、ほんとうにうれしい。まだまだ入り口の入り口だけど、でも、今日感じたことを、ずっと大切にしてほしい。


で、わたしは、仕事帰りにおかんのところに寄って、ごはんをよばれてきた。


昨日今日と仕事でいろいろあって、でも、そのタイミングで相棒ちゃんからうれしいLINEがきて、「あ、わたし、このひとの先輩なんだわね」と思ったら、少し元気が出て、背筋も伸びた。


おかんのごはんは、いつもどおり安定の「おふくろの味」で、食後のなんでもないおやつタイムも、帰るのが名残惜しい空気感だった。


相棒ちゃんとおかんに癒された夜。


明日もがんばるべし。

(おかんの、いかにも働き者な手が、わたしは大好きであります。)

手仕事たっぷりの、この頃。

ゴールデンウィーク、終わりました。
カレンダーどおりだったので10連休ではなかったけど、でも、日常とは少し時間のゆったり感が違う日々でした。


最近の日々をひと言で振り返ると「手仕事たっぷり」。


わたし自身の「手仕事」、友だちの「手仕事」。


お写真多めでご紹介。


「友だち便」で、季節の味をたくさんいただいている。


それはそれは、さぞかし手間暇がかかっているだろうに、惜しげもなく、箱いっぱいに送ってくれる。目下、送ってくれる友だちのお悩みは「お値段設定」らしいのだけど、わたしは声を大にして言いたい。大地の恵みと、その恵みを生み出すための手間暇と、農業のいまと未来への熱い想いに、堂々と「まっとうなお値段」をつけてほしい。都会に暮らして、土に触れることもほとんどなく、収穫して土をおとして、ほぼほぼ「どうぞ召し上がれ」の状態でお野菜やお米を手にしている私たちは、土を耕す人びとと、ちゃんと一緒に、わたしたちの農業を大切にしていかなくちゃ、と思う。大切にするということは、お金を伴うものだということを、ちゃんと実感する機会としても、彼女と創めた「友だち便」は、ものすごく意味が大きくて深いと感じている日々であります。


ところで、わたしは、このブログのアイコンでもお馴染みだけど、大のスナフキン好き。好き、というか、敬愛してやまない。そのスナフキンが、ある日、額縁におさまって、我が家にやってきた。

これには、思わず感嘆の声をあげてしまった。まるで彼が川に架かった橋の欄干に腰かけて吹くハーモニカが聴こえてきそうな、なんとも素晴らしい刺繍の額縁。

これを作ってくれた友だちが、費やしてくれた時間と、気持ちと、その「手」や「指」に感謝して、毎日眺めたおしている。一番お気に入りの本棚に飾って、「ほっこり」よりはもうちょっとアツい気持ちで朝に夕に、話しかけるみたいに眺めている。なんとありがたい人と人との縁だろう。友だちのことで、知っていることより、知らないことのほうが圧倒的に多いはずなのだけど、なんとなく、大事なところで糸電話が繋がってるみたいに思えている。


それと、ゴールデンウィークに行った奈良散歩。いつものあんみつ屋さんで、いつものあんみつを戴いた。

変わらない安定の「あんこのおいしさ」を作り出すお姉さんの、立ち姿からしてまるで映画のワンシーン。無駄なものは何もなく、そして必要なものはすべて揃っている、そんなお店の空間に居るだけでも豊かな気持ちになれる。寒い冬の日でも、汗をかきかきの真夏でも、そして新緑薫る5月にも、最高においしい「あんこ」。まことにおいしゅうございまするです。


そして、そのような「手仕事」と、そこに籠められた「きもち」を受け取りながら、わたしも「手仕事」に精を出している。


遠目に見ても逞しい手でありましょう?(笑)

相棒ちゃんのお弁当包みを作って、その次は、頑固一徹おかんへの母の日のプレゼントに、会津木綿やいろんな古布をつかったコースターを作ってみた。おかんは大層喜んで、食器棚からいろんなカップを取り出して、組み合わせを楽しんでいた。そうなのだよ、こういう豊かなゆっくりしたひとときを、おかんにこそ過ごしてほしい。それを伝えるには、拙いわたしの「手仕事」がぴったりだと再確認した次第。自分用にもいろいろ作ってみてる。インドの人たちが暮らしのなかで布を大切に大切に「使い切る」ためのラリーキルト。表も裏も、どっちも「表」。どこを切り取っても美しい布を、大事に大事に縫い合わせてコースターを作ってみた。ガラスのカップにものすごく映えて、紅茶の味まで変えてしまう。名古屋帯を我ながら上手に活用したブックカバーもお気に入り。こんなふうに活用すれば、着物を着る機会のないわたしでも、「和の手仕事」を愉しむことができます。実に豊かだな。


そんなふうに、「手仕事」たっぷりの最近。とても穏やかで、ゆるやかで、心地よかったけど、でも、同じ時間を、まったく違う世界のなかで生きる人たちがいることを、ふとした瞬間に考えて、いる。そんなこの頃。

手芸女子、奮発。

昨日、がんばった自分へのご褒美タイムに、前から気になっていた古道具屋さんへ行ってきた。


そして、奮発してしまった。


手芸道具をしまう棚、欲しかったんだよ。


大事にするから、買ってもいいよね?


自分に交渉して、オッケーが出た(笑)。


これね、いつまででも眺めていたいぐらい気に入った。


細かいところまで丁寧に作られていて、感心する。


刺繍糸、ミシン糸、ボタン、その他諸々。


手芸女子の玉手箱。


わくわくが止まらんです!!

相棒ちゃんのお弁当の包みをリネンで縫いました。相棒ちゃんチョイスの生地を、うん十年裁縫箱で眠っていたバイアステープで縁取りましたら、なんともシックでよろしいやん。

やっとのご報告。

まさに、生きた心地がしなかった日々に

本日、やっと、「終わり」がきました。

 

いや、ほんとに、ほんとに、ほんとに長かった。

どうなってしまうのだろう、と悩んで悩んで

ろくに眠れない日もたくさんありました。

 

でも、ちゃんと「終わり」がきました。

 

支えてくれたいろんな人たちに、

やっとのご報告です。

 

いろいろありがとうございました。

 

ホッとしたときが一番疲れるときなので、

ここしばらくは、できるだけゆっくりしたいです。

 

といっても、積み残した仕事の山があるし、

もちろん、まだまだ、いつなにがあるかわかりません。

 

でも、おいしいものをつくって、食べて、食べさせて、

元気でいたいと思っています。

 

相棒ちゃんのお弁当ライフが始まって、

毎日たのしく作っています。

一見「おんなじメニューちゃうの?」ってかんじですが、

よ~く見ると、ちょこっとずつ違います(笑)。

相棒ちゃんは毎日お昼を楽しみにがんばってるそうで、

何よりだと思っております。

 

ちょうどいいタイミングでの「お花見」には行けなかったけど、渦中、少しの隙間をみつけて、深呼吸にも行きました。

 

庭のハナミズキも、咲き始めています。

 

 

あ~~~、わたし、生きてるな、暮らしてるな。

 

ありがたく、そう思っています。