nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

小1も、高1も、お疲れちゃん(笑)。

みなさま、おはようございます。

やっと金曜日までたどり着いたぁ~~ってかんじ(笑)。

月曜日の入学式に始まり、「おそろいお弁当×3」デビュー、仕事も新年度の動き満載で、なかなかにハードな1週間でした。

 

今日のお弁当は、これまた娘の大好物「そぼろごはん弁当」。

f:id:nonchi1010:20190412083416j:plain

写真は3つ横並べじゃなく、1人分の上段と下段で撮ってみました。今日はなかなかのボリュームじゃないかなぁ。さっきおかんに届けたとき「全部食べ切れへんかもよ」って伝えたら、「お弁当をおいしくよばれるために、しっかり体操したり歩いたりしてる」とのことでした。あら、これ、いいじゃん。いくらずっとおうちにいて時間があっても「やろう」という弾みがなければ、なかなか続けられないですもんね。

 

娘は、お弁当を待ちきれず、残ったそぼろで朝からさっそくお茶碗で「そぼろ丼」してました。「これ、残り全部食べてもいいかなぁ」とにやにやしながら交渉してきましたよ。元気ね、あんた、ほんまに(笑)。

 

*************

うちの職場はこの春、入学・入園ラッシュ。

ゆうべ、スタッフのひとりから「うちの息子、明日の学校の用意しながら、こんなかんじです」と写真入りのLINEメッセージ。ランドセルの横で「大の字」でうつ伏せになって爆睡している新一年生男子が写っていました。かわいいなぁ、かわいいなぁ。一生懸命、新しい世界でがんばってるんだね。

 

そして、うちの、同じく「新一年生女子」ですけど・・・

こちらも、写真は載せられませんが、宿題を広げて、「大の字」じゃなく「芋虫」みたいにカーペットの上で毛布にくるまって爆睡しておりました。「ごはんできたよぉ」って声かけたら、大抵は「はいっっ!!」ってすぐ起きるのに(笑)、ゆうべは全く反応なし。結局9時すぎまで寝てましたよ~。その寝顔を見ながら、おかんはひとり寂しく夕飯をいただいた。隣にいるのに、なんか、しゃべり相手がいないから、えらく寂しい夕飯でございました。➡こんなんで、わたし、いつかは自立できるのか、読者さんのご心配的中ですわ(笑)。

 

小学校も、高校も、きっとおんなじですよね。新しい世界に飛びこんで、お友だちをつくるところから始めるんですもん。そして、はじめての道を通って、学校に行くんだもん。そりゃぁ、疲れるよね。がんばれ、がんばれ。おかあさん(おとうさんも、ですよね。おかあさんに限らんぞぉ!!)たちは、せめてお弁当で応援します。その小1男子のおかあさんは、お弁当作りが大の苦手(笑)。給食が始まる日を指折り数えて待っています。わたしは、おかげさまで、なかなかな滑り出し、前の晩に常備菜を作っておいたり、ブログの「おべんと先生」のアドバイスで、「ぎゅっと詰めるとおいしそう」というのを参考にしたり、なんやかんや、楽しんでいます。そして、おかんにお弁当を届ける作戦は、いろんな副産物があって、これも「イイ感じ」よ。いまんとこ、無理せず、ゆるっと、たのしくやってます。こうしてnonchi にできたら、「わたしでもやれそう」って思ってもらえるでしょ?そしたらさらにいいな、と思っています。

 

それと、なんか矛盾するように聞こえるかもしれないのですけど、お弁当、作ってあげたいと思っても、作ってあげられない状況にあるおうちも、きっとあるだろうなと思っています。そういうおうちの子どもたち、そういう親御さん、ご家族のことも考える。娘には「このお弁当は、当たり前じゃないんやで? 」って、恩に着せるわけじゃなく、話しています。うまく言えんけど、自分がしあわせなときも、ちょっとだけ、まわりをみわたせるような、そういう心を、娘もわたしも、持っていたいと思っています。(う~ん、なんか、うまく言えんなぁ。でも、このまま、この文、残します。)

 

じゃ、みなさんも、お元気で。

気持ち的には、いつも読んでくださる方々に、ご迷惑でなければですけど、バーチャル「おそろい弁当」をお届けしたいわたくしでございま~~す。