nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

「生んでいただいてありがとう」の日。

こんにちは。

平日ど真ん中。なのに、ゆうべから今朝にかけて、テンションが高めな我が家です。おまけに娘は、わたしから「あんた、次、赤点とったら、バイト生活はTHE ENDやからな」と脅しを入れられている中間テスト前なのに、です(笑)。

 

ゆうべから、我が家の台所で生み出されたものたち・・・・

①チーズケーキ

娘が「おかあさんのために」と言って数日前に試作したものの「本番」。が、しかし、なぜかホール×2つ作ってました。「友だちが食べたいって言うからさぁ、作っていくねん」だそうです。・・・今一度確認したいけど、あんた、テスト前。百人一首、がんばらなあかんのでしょう?そしたら「焼きながら、待ってる間に勉強するから大丈夫やで、おかあさん」・・・どこまでもポジティブ、そして、どこまでもズレている(笑)。

 

②バナナジャム

完熟を待って、やや待ちすぎて、待ってるあいだに1本はわたしのお腹におさまってしまったバナナちゃん。レモン多め、お砂糖控えめにしたけど、それでも完熟バナナの濃厚な甘さはスゴいです。ちっちゃいガラスの瓶に詰めて、出番を待っていただきます。

 

③チンゲン菜の煮びたし

この前つくったとき、「ちょっとシャキシャキ感が足りん」と師匠(台所仲間、ときどき師匠に変身)から助言あり、意識して作ってみたけど、出来上がってみると、あぁ~~、もうちょっとシャキシャキ感、足らんなと思いました。これ、「よっしゃ、これこれ」と言ってもらえるまで、しつこく作り続けてみよう、うん。

 

④豚汁

娘に、「何か作ってほしいもん、ある?」って訊いたら「おかあさん、そろそろ豚汁の季節です」と一言。渋い(笑)。酒飲みのおっさんみたい(笑)。「〆はぬくい(あったかい)汁もんでいっとこか~~~」みたいなかんじ。我が家の豚汁は、豚の切り落とし、大根、人参、うす揚げ、こんにゃく、しめじ、さつまいもが入ってます。味付けは、万能だしと、お味噌のミックス。おっきいお鍋いっぱいに作っても、あれよあれよという間になくなります。ネギはほんとは長ネギが好きだけど、いま、めっちゃ高いから、青ネギを最後にちょこっとだけ散らします。

 

なんでこんなに、平日ど真ん中に作りまくってるかといいますと、今日がわたしの誕生日だから(笑)。ま、それをネタにして「いっしょにわいわい作って食べようぜ」っていうかんじです(笑)。

 

おかんはそこには合流しませんが、容器にたっぷりの豚汁と、チンゲン菜の煮びたし、娘のつくったチーズケーキと、お店で買ってきた「甘いもん」を出勤途中、いつものように届けてきました。

 

でも、今日は、おかんに会ったら言おうと思ってたんです。

「生んでいただいてありがとう」。

まじで、そうだもん。いまわたしがこうしていられるのは、そもそも、スタートラインとして、わたしを生んでいただいたから。めっちゃ小柄なくせに、とっても安産だったらしいですけど、それでも、楽なことじゃなかったでしょ。そして、その後もお世辞にも順風満帆とはいえない、穏やかともいえない、わたしも含めた家族のせいで、いっぱい苦労してもらっちゃった。だから、あらためて「生んでいただいてありがとう」。

 

言いましたよ。ちゃんと。

そしたら、おかんは、「あ、そうやった、そうやった。昨日は思い出したんよ。あ~、そういえば、明日誕生日やなぁって。でも、朝起きたら忘れてたわ。はっはっは~~~!!」と声出して笑ってました。明らか、照れ隠し、してました。それでも、今回のわたしは、「なぁ、ほら、やっぱりさ、生んでもらわんかったら、わたし、ここにいてへんしな、そら、1年に1回ぐらいは、ちゃんとそのことに対して感謝せなあかんって思ってん」って、ちゃんと言いました。車の運転席に乗ったまま、助手席の窓を開けて、いつものスタイルでの「今日のお弁当を渡す」+「きのうのお弁当箱の洗ったやつを返してもらう」の一コマなんですけどね。でも、ちょっと、お互い、いい気持ちだったんじゃないかな、と思う。

 

さぁ、ここから一年。いまよりもっと私らしく。いまよりもうちょっと親孝行して、いまとおんなじぐらいのしあわせが続くように。真面目とは聞こえはいいが、つまりは頭が固くて、融通が利かない、やりにくいヤツだけど、ときどきユルッとしながら、遠くの景色も眺めながら、歩いていこうと思います。

f:id:nonchi1010:20191010123046j:plain

 パンに豚汁かぁ・・・・。ま、いっか(笑)。