nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

いつでも、「おかえり」を。

おはよう、みなさん。


むすめが、布団の中から「おかあさーん、今日、めっちゃ寒いやろ~っっ。布団から出たくないもん」だって~(笑)。いや、あんたさぁ、きっと春になったら、「こんな気持ちいいのに、布団から出たくな
~い」って言いますよね、間違いなく💦💦


でも、結局、ちゃんと起きてきましたよ、今日は、ね(笑)。


ここ最近、一気に仲良しになれた、ブログの女子ともだちが、ブログの書き手、読み手としての自分と、日々のくらしのバランスを考えようと思うって、なかなかに、きっと、勇気がいったであろう文章をアップしなさった。


わたしは、間髪入れず、賛同のコメントをいれた。


いろいろ考えたと思うから。ドキドキしながらアップしたと思うから。


つながりあえる人が増えると、楽しい。何かを書いて、また読んでほしくなるし、その逆もあって、相手の発信にどんどん呼応したくなる。でも、一日はみんなに平等に24時間しかない。なにかにたくさん投入すると、どこかは「引き算」になる。



はやる気持ちと、時間と、体力と、そして自分の役割と、折り合いをつけるのが、わたしも下手くそ。



だから、すごく彼女に共感する。そして、たぶん、同じようなモヤモヤを抱えてるんじゃないかなと思う女子も思い浮かぶ。



頻繁に書かなくなったら、読まなくなったら、離れてしまうような、さみしい気持ち。



でも、わたし、思うよ。



いつでも「おかえり~☺️」と言える。



がんばりすぎたらあかんよ。



一回「あ、友だちになれる」と思ったから、大丈夫。



むしろ、「あ~、しんどかった」って、戻ってくる場所やと思ったらいいやん。



わたしは、最近、そんなふうに思えるようになってきた。



年の功、ちゃうかな(笑)。
⇒ねえさん、にいさんがた、生意気言ってすんません(笑)



だから、



いつでも、言うよ~。



「おかえりぃ」。



追伸
今朝のスープは。むすめがゆうべ作っといてくれた。あったかくて、めっちゃやさしい和風スープ。

f:id:nonchi1010:20190129072836j:plain

ドアを開けたら、まだ夜景みたいやったけど、元気に出発できましたぁ。

f:id:nonchi1010:20190129072946j:plain