nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

「お弁当箱」には、愛がいっぱい。

みなさま、おはようございます。

いい天気だね。いつも眺める仕事場の一角にある花壇のお花が、ものすごく鮮やか。元気がみなぎってるかんじがして、こっちまでワクワクしてきます。

 

ゆうべ、夜な夜なバナナケーキを焼いて、オーブン待ってる間になすびの甘辛炒め煮をつくって、ちょっとつまみ喰いして寝て(笑)。そして、今朝のお弁当は、ニコニコ弁当なの。➡ふたつだけ、おそろい弁当。

 f:id:nonchi1010:20190418083107j:plain

年明けに、娘の高校に「オープンスクール」で一緒に見学に行ったとき、わたしが一番そそられた場所が、「学食」よ~~。すっごく陽当たりがよく、そして周りは中庭で緑が見えて、そして中階段をとおって2階にも席がある。なんともステキな学食で、「ココでおかあさんもお昼食べたいわぁ」と言って娘に呆れられたっけ。

 

で、入学後は、「できるだけお弁当を食べてほしいと思ってはいるけど、学食に友だちと行きたい日は、どうぞ行ってちょうだいね」って伝えてありました。そしたら、「おかあさん、明日はお弁当キャンセル。友だちと学食で、たこ焼き食べるねん。めっちゃおいしらしいわ。楽しみやわぁ~~」とな。学食に、たこ焼きですかっ?! これ、やっぱり「ザ・関西」ですよね、たぶん。っていうか、わたしも同じ出身ですけど、35年前の学食に、たこ焼きはなかったわ(笑)。「ぜったい報告してな~。何個入りでおいくらとかさ、お味はもちろん、ちゃんと教えてなぁ」と、こっちが興奮してしまいました。

 

なので、本日は、ニコニコ弁当。ばあちゃんにはバナナケーキも一緒に届けてきました。「あんた、最近えらいがんばって、大丈夫かいな? こっちは毎日が楽しみでしゃーないけど、身体壊しなさんなや?」と心配されたけど、でも、nonchi はすこぶる元気でございますよ。むしろ、おべんとが元気の素なのかも。

 

************

数日前に、きよしろーちゃん(忌野清志郎氏)のことを書いたら、ブログともだちから、「こんな素敵な曲があるよ」って教えてもらったうたを、「おべんと」つながりでご紹介しようと思います。

youtu.be

「お弁当箱」っていう単語は、最後の最後に1回だけしか出てこない。だけど、その「お弁当箱」に込められた、あったかいあったかい愛が、たまらなくハッピー。どんなツラいことがあっても、こんなひとことに出会ったら、泣くよな。朝っぱらからだけど、ちょっと、泣ける気分になってしまいそう。これはさすがに、まだ、高1女子とはシェアしにくい「おべんと」。わたしひとりで味わう「おべんと」です。

 

でもさ、共通しているのは、やっぱり・・・

 

 

「お弁当」は「愛」なの。そうなのよ~~っっ、ね?

f:id:nonchi1010:20190418083249j:plain