nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

憎しみの連鎖を断って、希望を拓く。

おはようございます。

中村哲さんの訃報に触れました。

ずっと前に講演をお聴きしたことがあります。

その当時から、憎しみが連鎖することに、深い哀しみを抱いておられました。そして、規模は大きくなくとも、ひとりひとりの命に向き合って、哀しみに寄り添って、希望をつなぐことを実践し続けてこられました。

 

深い深い哀しみと、怒りと、やるせない、やり場のない想いに包まれている人たちが、どれほどいらっしゃることかと想像します。

 

簡単に言葉を書き連ねることはしたくないとは思いつつ、でも、ひとこと、書かずにいられない気持ちでいます。

 

憎しみが連鎖することを、きっと彼は望んでいないと思う。

 

でも、無関心に、遠い国で起きたこととして、素通りするのは、もっと望んでいないと思う。

 

なぜこんなことが起きるのか。世界は、なにものに包まれているのか。

 

わたしは、わたしたちは、ちゃんと見つめないといけない。考えないといけない。

 

そして、中村さんが最後の最後まで、そうなさっていたのにならって、自分にできる「なにか」を、ほんのちっちゃなことでも、行動しないといけない。

 

そのことが、希望を拓いていくことにつながるから。

 

おおきいお金で、立派な建物をつくるより、小さな井戸を掘り、ひとりひとりの命に希望を灯し続けてこられた中村哲さんに、心からの敬意と哀悼の意を表します。