nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

コインランドリーのおっちゃん。

こんばんは。


わたくし、どうしても必要に迫られて、コインランドリーを、記憶にある限り、初めて利用しに来ました。


いま、乾燥タイムにはいってまして、残り20分の表示です。


初めてなので、まったく勝手がわからず、洗濯乾燥機の前で、説明を読んでいたら、チャリンコでおっちゃんが登場。


慣れた手つきで、ご自分の洗濯物を取り出して、次々投入。わたし、依然として仕組みがよく理解できず、隣の扉の前で棒立ち気味(笑)。


ようやくシステムが理解でき、洗濯物を投入してお金を投入しようとしたら、あれ? お札を入れるとこがない? いや、そんなはずないよね、もう1回確認。あらあら?やっぱりないやんか。


わたし、1000円札と小銭少々しか持ってません。


え~、マジですか? どうしよう?


困った末、隣のおっちゃんに聞いてみた。


「すみません、お札は使えないんですか?どっかに入れるとこがあるんでしょうか?」


そしたらおっちゃんが、割とやさしく教えてくれた。


「お札はあかん。だってあんた、コインランドリーやんかいな。コインしかあかんで。」


「あ~、だからコインランドリーなんですか?」


真顔で聞き返す私を半分以上無視して、おっちゃんは続けてレクチャー。


「そこ、ドア出た右に自販機あるやろ?そこで100円のジュース買うねん。ほんなら崩れるやろ?」


「あ、ありがとうございます」


ホットのはちみつレモンを買って、900円の小銭を確保して、洗濯乾燥機の前に戻る。


おっちやんは、その先も説明してくれた。


「ちょうどの金を入れるんやで。多く入れたら戻ってこんからな?」


「はい。○○円ですね」


「金を入れる前に、コースのボタンを押さなあかん」


「はい。押しました。」


「ほんなら金入れて、残り時間はここに表示されるからな」


「あ、わかりました。いろいろご丁寧にありがとうございました」
  

おっちゃんは返事なく、そのままチャリンコでどっかに行きはりました。





いや~、なんかね、優しかったです、おっちゃん。おっちゃんがいてなかったら、よくわからんまま、諦めてたかも(笑)。



親切にしてくれて、ありがとうございました。



ほんで、ひとつ、疑問が残ってます。


ほんまに、「だから、コインランドリー」なん?


あれ、おっちゃんのシャレやったんかな。


おしまい。


ちなみに、乾燥もおわりました(笑)。

f:id:nonchi1010:20191213203624j:plain