nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

そこに帰れる 、HOME 。

みなさま、こんばんは。

今年も残すところ、あと1日となりましたね。

それぞれの年の瀬、それぞれの場所で、満喫しておられることを、あたたかく想像しながら、この文章を書いています。

 

わたくし、今日(ありゃ、もう昨日、ですね)、5回目になる「ボヘミアン ラプソディ」をレイトショーで観てきました。

 

観るたびに、同じところで泣けてきて、そして、あらたな発見、あらたな感動がある。そのなかで、今日、いちばん心に残ったことを、まとまらないけど、書き残しておこうと思います。

 

************

フレディにとっての「HOME」———。

 

それは、クイーンであり、メアリーであり、両親であり、そして最後の6年間のパートナーだったジム・ハットン。

 

クイーンを離れて、迷走していた彼に、「あなたのHOMEへ戻ってきて」と語り掛けたのはメアリー。そしてその彼を迎え入れたブライアン、ロジャー、ジョン。メンバーのことを表現する「家族」ということばが、映画のなかに何度も登場したけど、やっと戻れた「HOME」で、家族以上の「家族」と一緒に立てたのがライヴ・エイドのステージだった。

 

「彼らこそが、この場所こそが、オレのHOME 」——。

 

その喜びを噛みしめて歌うフレディを、「それでこそ、フレディ」と万感こみあげる笑顔で見つめ、最高の演奏で応えるメンバーたち。そして、そのステージを、袖から見守るメアリーとパートナーと、ジム・ハットン。

 

帰れるHOMEがあることの温かさと、心強さ、そこから湧き上がる勇気。

失敗しても、彷徨っても、最後に戻れるHOMEがあるから、倒れずに歩き続けられたんだと思ったら、泣けて、泣けて、仕方がなかった。

 

わたしも、そんなHOMEをもちたいと、すごく思った。

それは必ずしも、血縁でつながる家族だけでなくてもいい。

そして同時に、誰かにとって、「そこに帰りたい」と思えるHOMEであれたらいいな、と思った。

 

**************

生きているって、すごいこと。

誰かと一緒に生きているって、さらに、すごくて、温かいこと。

 

一年の終わり間際に、そんな気づきをもらえたことに、とても感謝しています。

 

ブラボー!! 「ボヘミアン ラプソディ」。

ロングランだったら、年が明けて、大仕事を終えたら、また観たいです。

 

f:id:nonchi1010:20181231021600j:plain