nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

騒がしい金曜の夜。

みなさま、こんばんは。

来月の超大物ミッションに向けて、年末年始返上の日々がスタートいたしました。が、わたしの今晩のドキドキな難関。それは・・・、頑固一徹おかん(ばあちゃん)に、「正月返上で仕事する」と宣言することなのでありまする。

 

そもそも、ばあちゃんの一貫したスタンスは、「あんたの大事な人生50代、仕事にだけ費やされるのは、納得いかん」のです。これ、特別にイベントのない日常でも、そう言われているの。それが、「正月返上」なんて聞いた日にゃぁ、何て言われるか、分かったもんじゃない、というより、分かりすぎてコワい💦💦

 

だけど、早めに言っとかないと、年の瀬ギリギリに切り出すのは、もっとコワいので、一番先に済ませちゃおうと思いまして、今晩話すことに決めておりました。ちょうど、週末なので、うちに泊まりに来ることにもなっていましたので…。

 

夕飯は、ゆうべ作っておいたカレーと、しし唐とタンドリーチキン味のサラダチキン(ややこしい)の甘辛炒めと、プチトマト。わたしも娘も、「あさ・ひる・ばん」カレーでもOKな人なので、娘も私も昼食はカレー、そして夕飯もカレー(笑)。手作りリンゴジャムも隠し味に投入し、「2日目のカレー」のおいしさをたのしみました。

f:id:nonchi1010:20181222010254j:plain

ばあちゃんは、ちょっと遅れて登場のため、先に娘と2人で食べたあと、娘の「買い出し」に、近くのショッピングモールに付き合いました。

 

帰宅すると、ばあちゃんがすでに登場しており、「カレーとビールをどうぞ」という置手紙どおり、アサヒスーパードライとカレーで夕飯中。その後、入浴剤入りの「一番風呂」にご案内し、お風呂上りには、女子3人で「団子でティータイム」。

f:id:nonchi1010:20181222010329j:plain 

さぁ、これで、お膳立てのアイテムはすべて投入したぜっっ。あとは話すだけ。

 

わたし「なぁ、ばあちゃん、ちょっと報告があんねんけど」

 

ばあちゃん「なにや、どないしたん?」

 

わたし「〇〇〇〇することが、昨日の夕方に決まって、これ、前にも説明したことあるけど、めっちゃ大変やから、年末年始も、ちょっと関係なく、ずっと仕事したいねん」

 

ばあちゃん「・・・・・・(むすっとしてます、もちろん)」

 

わたし「わかってるよ、なんじゃそりゃ、大掃除もなしに、正月もなしか?って思ってるんやろ?でも、仕方ないねん。やるしかないから」

 

ばあちゃん「わかってるやんか。誰も、何も、言うてないやろ? そら、歓迎するかというとせぇへんよ。でも仕方ないんやろ? あたしが言いたいのは、あんたの身体が大丈夫か、っていうことや。大掃除なんか、何も言うてない」

注釈:いつもなら、ここで、若干決裂状態になるんですけど、今回ばかりは、納得してもらわないといけませんので、がんばりました。

 

わたし「うん、わかってる。とにかく、ここを乗り切って、2月にはちゃんと休みをとれると思うし、体調のことはちゃんと自分でも意識して、無理しすぎんようにする」

 

ばあちゃん「元旦のお雑煮も、欠席か?」

 

わたし「いやいや、そこまでじゃないよ。ちゃんと元旦の朝は一緒にやります」

 

ばあちゃん「わかった。まぁ、しゃあないわな。やるしかないんやから、やったらよろしいわ」

 

わたし「うん、そうします」

***************

おぉぉぉ~~~、セーフ!!!何とかやりきったぞ、nonchi !!エラいぞ!! 正直、ホッとした(笑)。ここが乗り切れなければ、なかなか我が家では、先に進めないのでございます。これで、何とか、明日から、本格的に集中して、やっていけると思います。娘にも、あらためて説明したし。「おかあさん、3月とか、4月とかじゃなくてよかったよ。夏休みとかやったら、最悪。ドキドキして遊びにも行かれへんやん。早く終わったほうがいいよ。絶対」と応援してくれております。

 

このあと、なんとなく、雰囲気が一気に和みまして。

そしたら、娘とばあちゃんが、それぞれ、好き好き、口々にわたしにしゃべりかけてきたんですが‥‥

 

娘「おかあさん、オニュくん(SHINeeのほんわかお兄ちゃん。只今、お留守中)のCD、めっちゃいいやんなぁ。〇〇は、2曲目と6曲目が、もぉ、キュンときて、ヤバイ。これ、韓国ドラマの主題歌とか、どうなんやろ?いけるんちゃうん? おかあさんは、何曲目が好きなん?」

注釈:オニュくんのCD、2パターンを「大人買い」してしまい、ホワイトを娘に貸してあげてます。

 

ばあちゃん「なぁなぁ、このフレディさん(フレディ・マーキュリー。クイーンのボーカル)は、本物か? 映画のフレディさんか? どっちかよぉわからんなぁ。よぉ似てるなぁ。男前ではないけども、やっぱり、カッコええなぁ」

注釈:MUSIC LIFEっていう雑誌の、クイーン特集号をペラペラめくりながら、ホンモノのフレディを指して、上記の発言。おいおい、わかってくれよ、ばあちゃん(笑)。

 f:id:nonchi1010:20181222010639j:plain

これを、リビングと娘の部屋から同時にわたしにしゃべりかけてくる。あんたら、どっちか、ひとりずつしゃべれよぉ(笑)。どっちの質問も、私だって返答し始めたら、キリがないほど、大好物♡♡ だけど、お願いやから、ひとりずつ、でヨロシク。

 

でも、こんなふうに盛り上がったのは、たぶん、その前段の「わたしの年末年始返上宣言」が、どうにかこうにか、ばあちゃんという我が家最大の難関を突破できたから、なんだわ。

 

当のばあちゃんも、わたしの仕事の話が、大げんかにならずに、なんとか、着地点を見いだせたことに、内心ほっとしているに違いない、うん、絶対そうだ。

 

よそのお家からすると、かなり不思議らしいですよね。この女子3世代の関係。とくにばあちゃんの強烈キャラ(笑)。でもね、親子のカップリングは、半世紀を経過して、もはや「席替え」はできないわけなので、付き合っていくのみ、でございます。それに、もちろん、感謝してることだって、たくさん、たくさん、ありますし。

 

なんせ、ホッとしたわぁ~~~!!!

 

だから、今日は、もう、寝ることといたします。

 

カレーもたっぷり食べて、団子ティータイムもして、ほどなく寝ちゃうなんて、「おでぶ街道」まっしぐらですけど、まぁ、元気だったらいいや、いまは(いや、いつもじゃん)。

 

あぁ、報告して、スッとしました。長々、読んでくださり、ありがとうございます。

 

ではでは、おやすみなさいませ☆☆☆☆☆ 明日も元気でいてくださいね。