nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

この6月に、読みたかった本。

みなさま、こんばんは。

涼しい夜。ひんやりするぐらいの夜。

東京方面では地震があったみたいですね。大丈夫かな、お友だちのみなさん。

 

今日、やりたかったこと。

 

本を読むこと。

 

読みたい本は決まっていました。

 

『太陽の子』(灰谷健次郎 著)

ふうちゃんは、神戸生まれの女の子。おとうさんとおかあさんは沖縄出身で、神戸の下町で琉球料理の店「てだのふあ・おきなわ亭」を営んでいる。やさしい常連さんたちに囲まれて明るく育ったふうちゃんだが、六年生になった頃、おとうさんが心の病気で苦しむようになる。おとうさんの病気の原因は何なのか?ふうちゃんは、「沖縄と戦争」にその鍵があることに気づきはじめる…。戦争は本当に終わっているのだろうか。なおおとうさんの心の中でだけ戦争は続くのか?今、日本人が本当に知らなくてはならないことがここにある。

 

はじめて読んだのは、小学校高学年。

そのあと、ず~~~っと読んでいませんでしたが、引っ越しの荷物整理で本棚の片付けのときに出てきました。「あぁ、これはきっと、もう1回読みなさい」ってことだなぁと感じて、沖縄戦の組織的戦闘が終わった6月23日にあわせて、6月中に読みたいと思っていました。

 

夕飯の片付けをさっさと済ませて、ちょっとおいしいチーズケーキと、緑茶をお供に、ページをめくり始めました。

 f:id:nonchi1010:20190624232927j:plain

一気に読破というわけにはいかないけど、少しずつでも読み進めようと思います。本を読むことは大好きだから。本を読んでいるわたしが、大好きだから――― 。