のんちのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

35年ぶりのスタジオ。

こんばんは。

 

今日ねぇ、35年ぶりぐらいに、スタジオで歌いました。

 

しかも高3の文化祭のとき、にわかバンドを組んで歌ったREBECCAの曲を歌いました。

 

どう説明したらいいのか、ちょうどピッタリくる表現がみつからないのだけど、あの頃歌ったときの気持ち、あれから35年も経って、いまこうして歌えるということ、歌おうと思える自分への熱い気持ち、いろいろミックスされて、我ながらびっくりするぐらい、気持ちが爆発しました。

 

もちろんね、ひとりじゃ、とてもできないのだわ。

 

長い長い導火線に火をつけてもらったわけです。

 

2人だけど、1人×2じゃとてもおさまらない熱量と、音の膨らみを、「本番一発録り」しておきました。

 

粗削りで、まだまだなのだけど、35年ぶりのスタジオは、今日の1度きり。

 

わたしのなかで、何かが、蘇って、そして、あたらしく生まれた瞬間。

 

ここから、動き始めるよ。

 

 

f:id:nonchi1010:20210117230724j:plain