nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

「お味噌汁の先生」たち。

こんばんは。

 

緊急事態宣言が全国で解除されたけど、ちょうど今日、お店を畳んだというひとのインタビューがテレビに映っていました。大事に続けていたお商売をやめるって、どんな気持ちだろうかと、一瞬目をそらしたくなるような、胸が塞ぐような気持ちになりました。わたしは、自分以外のひとの幸せや不幸せに心が動きすぎるなぁと思うことがあります。もっと逞しく、「肝っ玉かあちゃん」になるのが、わたしの目標、です。

 

************* 

ところで、わたしはもともと「ごはんには必ずお味噌汁」のひとではないんです。汁物をいただくと、それだけでお腹がいっぱいになってしまいそうで。でも、最近、「お味噌汁って、やっぱりいいな」って思うことが多くなりました。なぜなら、「お味噌汁の先生」を見つけちゃったから。

 

icowl.hatenablog.com

このブログを書いているのは、icoちゃん。だけど、ごはんを作ってくれているのはicoちゃんのおかあさん(笑)。わたしは、この「おかあさんのおかず満載のお膳」の写真を見て、「あぁ、このお膳を毎日よばれているひとは、素敵なひとに違いない!!」と思ってicoちゃんのブログのファンになりました。で、その「勘」は見事的中!!わたしよりずっとお若いひとだけど、まっすぐ、凛としてて、今日もコメントで書いたけど、わたしはicoちゃんをリスペクトしてます。そして、そのicoちゃんに、毎日愛情こめたごはんを作っていらっしゃるおかあさんのことも、ね。

 

とくに、特大のお椀に毎回なみなみと盛られているお味噌汁が大好き。しっかり「お出し」をとって、季節のお野菜たっぷりでつくってらっしゃるんだろうなぁって、湯気とか、香りが届きそうな、そんなお味噌汁を、毎回じっくり眺めて元気をもらっています。icoちゃん、おかあさん、ありがとうございます。

 

***********

もうおひとかた、「お味噌汁の先生」をご紹介させてください。

silvermy.hatenablog.com

 

このブログは、タイトルがとても素敵なんです。

「耕ちゃんの味噌汁日記ときどきハイキング」

 

で、その下には、こう書いてあるんです。

わが夫の耕ちゃんがリタイアして、

夕飯の味噌汁作りを担当してくれています。

なかなかの力作なので、

記録することにしました。

それだけです。あしからず・・・ 

 なんて素敵なご夫婦なんだろ。「いいな、いいなぁ、いいなぁぁぁぁぁぁぁ」と、指をくわえたくなる気分(笑)で、読者登録させていただきました。で、毎日登場する「耕ちゃんのお味噌汁」がですね、「まことに斬新にして繊細にして豪快にして、美味!!」ってかんじ。もぉ、すごく興味深いのです。

 

「え、そのとりあわせ、どんな味?」って訊いてみたくなる、「未知の世界」がたくさん登場します。それと、「おかず」は妻さんがご担当のようなんだけど、そのコラボがまた、なんともうらやましいのですよ。年季のはいったおふたりだからこその味わい。「お味噌汁」だけじゃなく、いろんなことを教わっておりますです。

 

でね、ちょうど昨日の記事が「トマト豚汁」!!

え~~っっ?!お味噌汁に、ト・マ・ト、ですかい?!?!

そう思ったんですけども、どうしても、どうしても、興味津々だったもんで、今日の晩御飯で挑戦してみました。

 

といいましても、朝、たっぷりつくっておいた「新たまねぎとズッキーニ入りのお味噌汁」のあっため直しの最後に、きのう届いたばかりの完熟トマトのざく切りを追加投入しただけ、なんだけど(笑)。

f:id:nonchi1010:20200525224108j:plain

新たまねぎを粗みじん切りして投入したハンバーグが本日のメインディッシュ。

f:id:nonchi1010:20200525224129j:plain

お味噌汁、はじめてのトマト投入に、ちょっとドキドキしたのですが・・・

f:id:nonchi1010:20200525224145j:plain

わたしと、下宿人のこぐまちゃんは、「めっちゃ好き!!」です。(相棒ちゃんは外出中のため、まだ召し上がっておりません)いやぁ、意外や意外。とっても気に入りました。きっと真っ赤な完熟トマトがオススメだと思います。我が家の甘めの麦ブレンド味噌に、トマトの酸味がとっても合ってると思います。

 

耕ちゃん先生、ありがとうございます。まだまだ、いろんなアイデアお味噌汁、お待ちしておりますね。

 

************

 

そんなわけで、今日も豊かな食事に恵まれました。

さっき、マーくん(id:cimark)のブログで教えられたことだけど、おいしいものを、家族と一緒に笑って食べられることのしあわせ、もっともっと感謝して、大切にしないとなって思います。

 

おいしいお味噌汁に、ありがとう。

「お味噌汁の先生」にも、ありがとう。