nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

チャパグリと、『パラサイト』談義。

こんばんは。

今日は夕方から韓国語のレッスンに行ってきました。

先生は在日2世。わたしがハタチになりたての頃からの知り合いだから、もう30年以上お世話になっている方です。

 

レッスンは3部構成になっています。

まず「前回のレッスン以降、どうしてましたか?」の近況を「話す」&「聴く」。そのあと副読本の和訳、最後に教科書で文法のお勉強。

 

副読本は、約1年かけて映画『1987』の舞台になった南営洞(ナミョンドン)対共分室のブックレットを訳したあと、いまは韓国の子どもたちのために書かれた『38度線(非武装地帯)』についての歴史解説本を訳しています。前回のブックレットはおとな向けだったので、ひとつの文がすごく長く、表現も難しかったので、ものすごく苦労したのだけど、今回の本は子どもたちに向けて書かれているので、文がとても平易(って言いましても、わたしには難しいですよ~。ただ、読みやすいとは思う)。それだけでなく、朝鮮半島が分断国家になった歴史的な経緯もとても丁寧に書かれているので、そういう意味でも勉強になります。

 

雑談も、できるだけ韓国語を交えてするように、と指導されているので、単語を無理矢理つなぎあわせながら、必死に絞り出してるかんじです(笑)。近況報告のほかに、いまの朝鮮半島をめぐる情勢や、日韓の歴史の話にもなったりします。なので、語学の勉強を超えて、わたしにとって本当に大切なひとときです。

*************

今日の雑談のメインは映画『パラサイト』に登場した即席麺を使った「チャパグリ」と、映画の感想再び。

 

チャパグリ、ご存知ですか?

映画をご覧になった方は、あの大雨の夜、「いまから8分で帰るから、作っといて」と奥様から電話を受けて、家政婦(と書いておきましょうね)が信じられない早業、神業で作った、あの麺です。

 

「チャパゲティ」と「ノグリ」というインスタントラーメンを一緒に混ぜ合わせて作る料理で、2つの商品名の一部を取って「チャパグリ」と呼ばれています。もとは1990年代に韓国のラーメン掲示板で話題になったレシピで、兵役中の軍人の間で生まれた食べ方なんだそう。

 

f:id:nonchi1010:20200320212813j:plain

前回のレッスンで、先生からプレゼントしてもらった「チャパゲティ」と「ノグリ」。「のんちゃんと〇〇ちゃん(娘)で1回作ってみてよ」とミッションを言い渡されていたので、もちろん今回までにいただいておきました。

f:id:nonchi1010:20200320212929j:plain
f:id:nonchi1010:20200320212913j:plain

 

作り方はこちらの動画をご参考に(Youtubeから拝借)


韓国ではチャパゲティをどうやって食べるのか?!本場での作り、食べ方。Korea Food Chapaghetti

 

映画のなかでは、上等なステーキ肉をおっきいサイコロに切ってトッピングしてあるけど、我が家では牛肉の切り落としで代用しました。それでも十分リッチでおいしかったです。

 

映画のヒットとともに、チャパグリの人気も上昇中らしく、先生のおうちのある「コリアンタウン」では、「チャパゲティ」と「ノグリ」のセット売りが流行っているそうです。

 

*************

先生は『パラサイト』がアカデミー賞で複数の賞をとるだろうと予想されていて、見事作品賞にも輝いたことを受けて、「アカデミー賞受賞記念鑑賞」も含めて3回ご覧になり、わたしは1回目はひとりで、2回目は相棒とふたりで観ました。

 

今日、あらためて映画について先生と話しました。

 

印象に残るシーンはお互い似ていたのですが、先生が特に印象に残っているのは、映画のラスト近くの場面。

 

息子がばっちりスーツをキメて、不動産屋さんと一緒に「あの」豪邸を見に行って契約をし、お父さんを「あの場所」から呼び戻すところ。一瞬、「あぁ、成功したんだな」って胸を撫でおろしたくなるのだけれど、それはもちろん息子の夢。

 

どんなに願っても、貧しき半地下生活者には絶対に絶対に届かない世界。どんなにあがいても叶わない夢。

 

それほどまでに、韓国社会の格差はすさまじいのだということをポン・ジュノ監督は訴えているのだと先生はおっしゃいました。「だから、アカデミー賞はスゴいことだけど、ほんとの意味では恥ずかしいことだと思う。『こんな社会じゃだめなんだ』という決意をポン・ジュノ監督はこの映画にこめているはず」と。

 

わたしもそう思う。そして、映画のエンディングテーマになっている歌をあらためて思い起こしました。

 

過酷な日々のなかからでも、笑いながら、歌いながら、なかまとお酒を酌み交わしながら、韓国の人々は起ち上がる。道は険しくても、引き返すことも、諦めることも、しないのでしょう。

 


パラサイト エンディング曲 「Soju One Glass」和訳字幕

 

そして、わたしは?わたしたちは?

 

できることは、まだまだある。今日から、ここから。