nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

食べることを慈しむ。

こんばんは。

遅くなっちゃいました~。もう数時間で、また怒涛の1週間の始まり。

 

今日は、「おうち仕事」がんばりました。何度かお話ししてきた、「わたしのピアノ」が蘇ったおかげで、ほったらかしにしていた和室6畳+8畳を片付ける気持ちになって、「本」、「手芸道具」、「ピアノ」、「ステレオ」の揃った「わたしのオアシス」をつくるべく、最初のとっかかりの家具の移動、DIYで作った棚の解体などなど、力仕事系に精を出しました。

 

当初は、4月から我が家に仲間入りするアラフォー女子の下宿人さんのお部屋にする計画で動いていたのだけど、ピアノの復活を受けて、できるだけピアノの近くで過ごしたいと思ったので、昨夏のリフォームで、和紙クロスに張り替えた洋室(いまのわたしのへや)を下宿人さんに使ってもらって、わたしが和室に引っ越すことにしました。

 

もともと、「模様替え」とか「棚の手作り」とかが大好きで、押し入れを大改造したり、いろんなこと、してきたのですけど、このたびは、「わたしのすきなもの」を大集結させて、自分を元気にできる空間をめざして、ちょっとずつ作り込んでいこうと思います。

 

*************

そんなふうに大仕事をするので、「しっかり食べる」ことが大事。

 

朝ごはんはわたしが担当。

お昼のラーメンと、夜の「フライドチキン」は娘が担当してくれました。

 

「おかあさんは、キリのいいとこまで片付け、やっとき。ごはんは〇〇が作るから」。

 

なんて素敵な提案なのでしょう。

 

しかも、ラーメンの配膳のときには「青いものが何にも入ってなくてごめん」なんて言っちゃって。そして夕飯のフライドチキンには、しっかりトマトを添えて。

「食べることを慈しんでるなぁ」って、娘を見てると思います。それって、わたしから娘への最大のプレゼントだと思うんだよね。

 

「おいしいものを食べたい」「食べさせてあげたい」。

 

これ、絶対、これからの人生を豊かにしてくれるはずだと思います。

 

夕飯を食べ終わって、ガスレンジまわりを拭き掃除して、頑固一徹おかんにもらった柑橘類の鮮やかな黄色を眺めながら、すごく豊かな気持ちになりました。

明日からも、おいしいもの、いっぱい作って、いっぱい食べようと思います。

 

連休のあとの仕事、大変だけど、がんばれそう。

 

みなさんも、寒かったりあったかかったり、大変だけど、しっかり食べて、休息もちゃんととって、しんどいときはゆっくりして、乗り切っていきましょうね。

 

じゃ、おやすみなさい。