nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

「お手紙」が届いたよ。

おはようございます。

静かな日曜日の朝です。スズメちゃんが鳴いてます。

 

もうちょっと先かなぁって思っていた、うれしいお届け物が、なんとなんと、届いていたんです。わたしがポストを確認するまえに、娘が見てくれていたようで、玄関に置いててくれたのだけど、わたしがそれに気づいていなかった~~~。

 

「ポストに入れたよ」

 

というおしらせを目撃したので、「こんな朝早く、届くワケないよな」とか思いつつ、まだ薄暗い早朝、ポストを覗いてみましたが、なかは空っぽ。

 

「だよね、まだこんな朝早いもんな」

 

と玄関に戻ったところで、一角の郵便物の束を見つけたのでした。

 

***********

その郵便物の中身のことは、またあらためて、お話しすることがあるかと思うのだけど、封を開けるまえに、なにがうれしかったって、

 

封筒に「品名」を書き込む欄がありますよね、あそこに、こう書いてあったんだ。

 

お手紙

 

なんかね、ものすごく響きがあったかくて、開封するまえに、しばし眺めてしまいました。送り主さんは、もちろんおとなのひと。

 

わたし、おそらく、この「品名」欄に「お手紙」と書いてくれたひとに、初めて出会いました。

 

そして、その3文字が、送り主さんのお人柄「そのもの」のような気がして、すごくすごくうれしかったです。

 

わたしが大好きな絵本に、アーノルド・ローベルさんの「ふたりはともだち」というのがあります。

 

そのなかに「おてがみ」というおはなしが入っています。

 

親友のがまくんが、「おてがみを一度ももらったことがない」とさみしい思いをしていることを知ったかえるくんが、大急ぎで家に帰って、がまくんへのてがみをしたため、とっても歩みがスローなかたつむりくんに、「このてがみをがまくんに届けて」と託し、おおいそぎでがまくんのもとへ戻り、玄関のまえでふたりでおてがみが届くのを待つのです。

 

かえるくんががまくんに宛てたてがみには、こう書いてありました。

 

しんあいなる がまがえるくん。

ぼくは きみが ぼくの しんゆうで ある ことを

うれしく おもっています。

きみの しんゆう、 かえる

 

「お手紙」という表現に、このおはなしを想い出して、朝からページをめくりました。

 

 

ありがとうね、わたしにとっての「かえるくん」。

 

大事に、大事に、させてもらいます。