nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

食べて、書いて、笑って、泣いて。

おはようございます。

昨日のお弁当は「ハムエッグマフィン」×2個。買ってきたマフィンにうちで具を挟んだのが大好きな娘なので、「パンがよかったら、ウインナーサンドみたいなの、おいしいバターロールがあるから作ろっか?」と尋ねたら、

 

「おかあさん、〇〇は、おかあさんの『お米のお弁当』が好きやねん。昨日は、大変やろうなぁって思ったから遠慮しただけ」

 

そうか、そうだったのか。彼女なりに、わたしにいろんなところで心を砕いてくれているんだね。そう思うと、その場でぽろぽろと泣いてしまいそうだったんだけど、ここは明るく、

 

「そっか、じゃあ、お米のお弁当にしよう」

 

……そして、作ったのにぃ。ごはんにはかわいいピンクの「さくらでんぶ」までのっけて、かわいく作ったのにぃ~~~。写真撮るの、忘れました。やっぱり、まだ、あかんね。どっか、あたまがまわっていない。

 

でも、ピザトーストは、ちゃんと撮った(笑)。

 

 

 

パンをちょっぴり焼きすぎて、こんがり過ぎるのが玉に瑕(たまにきず、ってこんな字を書くんですね、知らんかった)だけど、でも、おいしかったですよ、もちろんっっ。

 

************

わたしね、大事な友人が亡くなった翌日、プロとして失格だと思うし、おそらく友人も知ったら「大ブーイング」で、「今からでも行き!!」って怒ったとは思うけど、仕事に行けなかったんです。たまたま休んでもいい日だったこともあり、無理を言って休ませてもらいました。

 

そして、朝、布団から這い出して、行ったところは

 

バイキング、です。

 

家の近所の、ちょっと人気のある和食バイキング。

 

平日だしな、わりと空いてるだろうな、と思っていた私が甘かった!!

 

店内は、年齢まちまちの「女子会」でわんさかわんさか。すごい賑わい。びっくりしました。日頃、平日のお昼、大抵働いているわたしには、まことに「未知との遭遇」。そっか~、こんなつながりがあるんだなぁ、って、ちょっと人間ウォッチングもしながら、でも、「あんた、ほんまに悲しいのかい」と訊かれそうなほど、「おかわり」しました。ガツガツ、もりもり、ガツガツ、もりもり、いただいた。そして、食べながら、泣いたりしてしまった。ステレオのように、いや、もっと立体的に、あっちからもこっちからも、笑い声と、おしゃべりのシャワーが降ってくるなか、ひとり、泣きながら食べちゃった。

 

それを、ある友だちに話したら、「のんちゃん、それロックンロールだよ」と言ってくれた。「それこそ、ザ・のんちゃんじゃないの」って。

 

そっか、わたし、ロックンロールしてるんだ。

 

なんか、それ、うれしい。

 

わたし、泣いて、笑って、やっていきます。

 

そして、食べて、書いて、やっていきます。

 

無理してません。

 

無理しません。

 

わたしのままで、この場所から。

 

今後とも、よろしくです。

 

追伸

今日から、「非公開ご希望」以外のコメントは、また、いつもどおり公開させていただきます。「のんちは落ち込んでるから、そっとしといてやろう」と思ってくださっていたみなさま、大丈夫。まだ目はパンパンに腫れてますが、ちょっと、エンジンかかってきました。きっと、いただいていたであろうご配慮に、心から感謝しています。