nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

おんな3世代、囲むおせち。

みなさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


朝から続々とアップされる記事の、タイトルだけでもワクワクしたり、うるうるしたり、させてもらっています。そのひとつひとつにお便りしたいけど、我が家も新たな年を迎え、おかんの家に移動して、おせちを囲んでおります。


f:id:nonchi1010:20200101123724j:plain
おかんの担当と、わたしの担当は、なんとなく自然に決まっていて、今年はかまぼこも伊達巻も、数の子も買わずに、お財布にやさしいおせちにしました。
f:id:nonchi1010:20200101123759j:plain

f:id:nonchi1010:20200101123824j:plain

f:id:nonchi1010:20200101123848j:plain

f:id:nonchi1010:20200101123922j:plain

我が家のお雑煮は、栄養重視の「ほとんどいつものお味噌汁」です(笑)。お餅が入ってるのだけがお正月らしいかんじ。
f:id:nonchi1010:20200101123954j:plain

今年は、おかんにお年賀のちょっとした贈り物を。

f:id:nonchi1010:20200101124026j:plain

だるまちゃんの顔をあしらった、江戸硝子のぐい飲み。


熱燗でも、冷酒でも、おいしそう。


お酒党のおかんにぴったりだな、と選びました。


お昼からは東京在住の弟夫婦が帰ってきます。



今年は。おかんがちょうど80歳。わたしと娘は、年齢的にはメモリアルな年ではないけど、なんとなく、それぞれのカラーが見えてきた気がしています。


やりたいこと、なりたい自分を大切にしながら、同時に家族のことも考えたい。とくにおかんのことを、もう少し大事にしようと思っています。


年末におかんと観た「寅さん」が、わたしをやさしく包んでくれてる感じがしているんです。やさしさとか、愛情とか、いたわりとか、いろんなものがつまっていました。隣同士でポロポロと泣いて、なにかをおかんと共有できた気もします。すごく大事な時間だったと思っています。


そんなこんなで始まった、おんな3世代の2020年。


それぞれに、わが道を邁進しつつ、互いを想い合える一年にしたいと思っています。