nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

大晦日の台所から、愛を込めて。

こんばんは。

もうちょっとで新しい年。

いろんなことがあった2019年でした。

 

途中、だいぶ沈み込みました。眠れなくなったり、仕事中にまったく集中できなくなったり、感情のコントロールができなかったり、いろいろ、いろいろ。

 

そのとき、わたしのことを助けてくれたひとのことを、わたしはずっと忘れないと思う。それとおなじぐらい、助けてあげたいなと思って、静かに見守っていてくれていたひとのことも。

 

ほんとにお世話になりました。

 

わたくし、元気にやっています。新しい年を、台所で迎えることができます。決しておしゃれじゃないけど、自分の手で、大事なひとたちに食べてもらうごはんを、毎日作って暮らせています。

 

心から、ありがとうと伝えたい。

 

生きていこうとすると、いろんなことがありますね。

 

うれしいことや、楽しいことよりも、しんどいことや哀しいこと、悔しいこと、情けないことのほうがきっと多い。

 

だけども、こんなふうに、また新しい年を迎えることができる。

 

ひとりでは、できないことです。

 

わたしにつながる、すべての人に、心からの感謝を。

 

これからつながる人たちに、気が早いけど、あったかい握手を。

 

悲しくないのに、なんか、泣けてきます。

 

みなさん、一年間、おつかれさま。みんな、がんばったね。

 

新しい年も、がんばりすぎずに、それぞれの歩幅で、ぼちぼちと。

 

一息つきたいとき、あったかいほうじ茶を一緒にすするように、やりとりができたら幸せです。

 

f:id:nonchi1010:20191231223141j:plain

 

**************

親愛なるみなさまへ。

 

         のんちゃんより。