nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

開けてビックリ、煮物ストック。

おはようございます。

先週末、車で遠出して、新鮮お野菜を大量入手。日曜日にモリモリと下ごしらえして週明けに備えました。この台所での作業、疲れたけど、めっちゃ楽しくて。楽しい且つ、次の週のごはんが「楽チン」。これ、素晴らしいなぁって、ひとりで盛り上がっております。

 

さて、ゆうべは私が研修で遅めの帰宅、娘はバイトでさらに遅い帰宅。娘がバイトの日は、大抵2人別々の夕飯。ゆうべも然り。

 

メインディッシュの野菜炒めは私がササッと作ってあげて、そのあいだに娘は冷蔵庫のストックから自分が食べたい量だけお皿に盛り付けるというスタイルで準備。コンロに向かっている時間と重なったので、娘がどのぐらいの量をお皿に盛ったか、見てなかったんですけど、やたらと「おかあさん、おいしいわぁ、煮物は翌日がおいしい」と言ってるなぁ・・・・とは思ってました。

 

そしたら。

 

今朝、お弁当作ろっと思って、冷蔵庫からいろんなストックを取り出して蓋を開けてビックリ!!!

 

おい、おい、おい。

煮物ストック(大根の皮の切り干し大根風煮物)、底だまりしか残ってへんやないの!!!

 

焦りましたっっ。お弁当のレイアウト、変わるやん。それ、困る。そこで救世主として活躍したのが、これまた「下ごしらえ」しておいたお野菜。葉っぱつきの若い若い人参を薄切りにしてさっと茹でておいたやつ。大根の皮の煮物のおつゆがまだ少し残っていたので、もう1回お鍋に投入して、茹でた人参スライスで「かさ増し」しました。

 

ゆがいておいたほうれん草をゴマ和えして、メインのコロッケとメンチカツは、きのうの研修の帰り、通りがかりのお肉屋さんで買いました。卵焼きは、いつもの「かにカマと台所栽培の豆苗」で彩りよく。ごはんの真ん中にのってるのは、人参の葉っぱの甘辛佃煮。これ、めっちゃおいしい。ほろ苦いけど、甘辛い。もぉ、サイコーにわたし好みです。

 f:id:nonchi1010:20191126090353j:plain

娘の旺盛な食欲、わかりやすい料理への評価(笑)のおかげで、ドキドキのお弁当作りでしたが、こうやって、元気にモリモリと食べてくれることが、実はわたしの元気の素にもなっているんやなぁ・・・と、しみじみ、こっそり、感謝する、母でございます。

 

f:id:nonchi1010:20191126090430j:plainそして、わたしの守護神サマは、今日もご健在。スマイルが、ほんま、好きです。