nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

ドライなその声が、心地よかった夜。

こんにちは。

今日は珍しくスーツをパキっと着なくちゃならなくて、しかもお昼にむけてどんどん暑くなり、大変でしたぁ。いま一旦涼しいところに戻ってきたけど、再びお出かけいたします。

 

わたし、ユーミン(荒井由実>松任谷由実)が大好き。ですが、毎日毎日、という聴き方はしません。ときどき無性に聴きたくなるのです。そして、松任谷由実時代より、圧倒的に荒井由実時代がイイです。

 

***********

数日前にTSUTAYAにDVDを借りに行ったところ、「レンタル落ちCD」のセールをやってまして。特に何を探すでもなく、ぼんやり眺めていたところ、ユーミンの、こんなCDを見つけました。

f:id:nonchi1010:20190914141143p:plain

Youming Compositions 「FACES]

 

ユーミンが、他のアーティストに提供した曲のセルフ・カバーを集めたアルバムで、

 
 1. オーシャン・ブルー - ocean version -(稲垣潤一)
  2. .日付変更線(南 佳孝)
  3. .雨音はショパンの調べ(小林麻美)
  4. .瞳はダイアモンド(松田聖子)
  5. .あの頃のまま(ブレッド&バター)
  6. .「いちご白書」をもう一度(バンバン)
  7. .Woman "Wの悲劇”より(薬師丸ひろ子)
  8. .やさしさに包まれたなら - Yumi Matsutoya with Yumi Arai -
  9. .星のクライマー(麗美)
  10. .ベルベット・イースター - beyond 30years -
  11. .オーシャン・ブルー - blue version - ※初回限定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

全部口ずさめる曲ばっかり。迷わず買いました。そして車に乗って家までの帰り道、早速聴きました。それも、いきなり6曲目までスキップして‥‥。

 

バンバンの「いちご白書」をもう一度、好きなんです。好きなんだけど、1968年生まれのわたしでさえ、なんだか切なくなる、哀しくなる、なにかを失くしてしまったような、もう取り戻せないような気持ちになってしまうから、あんまり楽しんで聴ける曲ではなかった。その曲を、ユーミンはどう歌うんだろうか――。それが知りたくて、6曲目までスキップしました。

 

youtu.be

 

 

彼女の声は、心地よくドライでした。アレンジも、ちょっとポップで、ちょっとロックで、いまの私にはとてもフィットしました。そもそも、この曲を、まさかユーミンが作ったとは思いもしなかった時期が長くあり、いまでも「学生運動」とユーミンはイメージとして結び付かないのだけど、でも、そのユーミンが切り取った街角の風景、「きみ」を想い出す「ぼく」が、すごくイイんです。

 

うまく書けないけど、わたしも暮らしているなかで、ドライになったり、すごく湿ったり、尖がったり、凹んだり、いろいろします。だけど、それでも、私たちを生きづらくさせる「何か」に対しては、思うこと、チョコチョコっとでも、そのとき、そのとき、ことばにしたいなって、むしろ、ドライなユーミンの声に、そんなふうに思いながら、家の庭に車を停めたあとも、6曲目をリピートして、最後まで聞き終えてから、家に入りました。ちょっと雨に濡れたけど、それも、なんとなく、その夜の気分にはちょうどよかった。そんなかんじ、でした。