nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

何となく、待っている。

みなさま、こんばんは。

娘が、明日からいよいよ高校生ライフへの第一歩。クラス発表と教科書購入、課題&いろんな書類提出のために、朝7時には出発するとのことで、久しぶりの早起きの予定。なんだけど、まだ、興奮気味なのか、ぜんぜん眠る気配がありません。ま、頑固一徹ばあちゃんが泊まりに来ているせいもあるんだけどね。

 

わたしは、週の始まりの月曜日の夜なのに、なんだか、ぼんやり、まったりしてしまっております。「ぼんやり」も「まったり」も、悪いことじゃぁないと思いますが、「月曜なんだけど、大丈夫かな」って。

 

この、今日の感じは、自分でも、説明がつきにくく・・・。そんなときは、音楽を静かに聴いてみたくなります。

 

中学・高校と、ユーミンのレコードをよく聴いていました。たくさん持っていたレコード、事情があって、ほとんど手元に残ってないことが、実に残念なんだけど。最近になって、「あ、この歌詞、こういう意味だったんや」って思うことが時々あります。それと、あの頃は気づかなかったバックのちょっとした楽器のフレーズにすごく魅かれたり、ね。今日の気分は、この曲です。

 

youtu.be

 

E-mailじゃなく、ポストに届く手紙。雨が沁みて字が滲んでしまう前に、急いで傘をさして取りに行く気持ち、待ちきれずに家に入る前に封筒を開きたくなる気持ち、便せんに並んだ癖のある字に、こみあげてくる切なさ…。蒼くて若いときに感じたことと、いま感じること、当たり前だけど、やっぱり違う。

 

今日のわたしは、別に、何を待っているわけでもないんだけど、でも、なんとなく、待っている気分。何となくぼんやりして、ただ何となく。

 

明日からの自分にワクワクして、待ちきれずに、なかなか眠れそうにないかんじのわが娘を眺めていると、なんだか、とっても眩しくて、対照的で、うらやましい、母です。

 f:id:nonchi1010:20190326000634j:plain