nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

枯れて、乾いた声に憧れる、けど。

みなさま、こんばんは。

しぶとく、ちまちま、ミッションに向けての準備を続けておりまする。

書類とパソコンのモニタとにらめっこ。これ、正直、煮詰まるわい、当たり前やけど。

だから、読者登録しているブログが更新されて、読ませていただいて、ウルっときたり、噴き出して笑ったり、いろいろさせてもらって、それで何とか、気持ちをキープしているnonchi でございます。毎度のことながら、ほんとに、「ありがとう」を言いたいひとが、このパソコンのモニタの向こうに何人もいてくれる。ほっこりいたします。(ちょっと前のブログにも、おんなじようなこと書いた気がする。デジャヴか?)

 

 

そのなかのお一人が、風邪ひいて、声がエラいことになってるとな。

 

 

〇〇ちゃ~ん、大丈夫かぁ~??

 

 

幸い快方に向かってるとのこと、よかったよかった。が、しかし、「あたしはおかんだから」と、「自分だけ寝込んでるわけにいかんわ」と、「早く治らなあかん」と焦ってるでしょ? nonchi は、ちゃんとゆっくりしてほしいと願ってますよ~~。

 

 

で、彼女の記事を読んで、思うこと。ずっともやもや、うじうじしてたことを、この際、吐き出してみようと思う。

 

 

 

わたし、声がさわやかなの(笑)。自分で言うのも何ですけどね、なんか、ハキハキしてるし、声のトーンが明るくて、さわやかなの(笑)。人前でしゃべると「聞きやすい、いい声やね」とか言われるの(笑)。

 

 

でも、これ、自慢ちゃうのよ~。

 

 

わたしは、この声は、好きじゃないねん。枯れて、乾いた声が好きなの。

 

 

そして、わたし、ちょっとだけ、ピアノ弾いて、歌ったりするんですけど、この歌がまた、いややねん。「まっすぐで、きれいな声やなぁ」「素直な声やなぁ」「よくとおる、気持ちのいい声やなぁ」・・・・・・。これ、全部、きらい。

 

 

うちの弟は、だいぶ本気で音楽をやってたひとです。最初、キーボード担当してたけど、途中からギターに鞍替えして、ボーカルもちょいと。高校のときから、ずっと寄り集まってくる同級生の音楽仲間が、いまでも複数名いてます。自分の結婚式の二次会を、ライブ会場みたいに企画して、みんなでワイワイ演奏して、うちの頑固一徹おかんが言ったコメントは、会場の隅々まで大爆笑になった。

 

 

あたしは、じゃかじゃかと、

やかましいのはきらいです。

でも、ええ二次会や!!

 

 

・・・、話が逸れた。この弟が言ったことばが、わたしの、この声に対するコンプレックスを爆裂させちゃったのよ。

 

 

「ねえちゃんの声ってさぁ、

なんか、よすぎんねんなぁ。

真面目すぎんねんなぁ。

だから似合わん曲ってあるよなぁ。

ねえちゃんが歌いたい歌、

ちょっと合ってへんかもな」

 

 

このとき、歌いたかった、というか、最終的には歌ったんですけど、ブルーハーツの「青空」っていう曲ね。それを、野外のライブで、歌ったんですわ。弟と、もうひとりの男子にツインギターで弾いてもらいながら。そんときに、上記のコメントを吐かれた。

 

 

なんか、「ど・ストライク」でグサッときて、なんか、めっちゃ悔しくてですね。そこから、ちょっと歌うのがいやになった。やっぱりなぁ~~って思って。

 

 

 

そこから、もう10年ぐらい経つ。娘が保育園のときだったからね。

 

 

 

で、いまでも、わたしの声は「きれい」です(笑)。変わらず「真面目な声」です。そんな声の持ち主が、違う歌い方をしてみたところで、そりゃ、違うのね。そんなふうに「作り込む」ことも、自分的には好きじゃないから、それもしてこなかった。なりたい声と、自分の声が違うの、わかってるけど、でも、ずっと、なんか、堂々とできずに、割り切ることもできずに、うじうじと、悶々と、ずっと「ないものねだり」をしてきたんだわ。

 

 

それがね、なんか、ここんとこ、ほんと、最近なんですけど、「しゃ~ないやん」って思えてきて。あ、諦めの「しゃ~ないっていうんじゃなくて、

 

 

「それが、あたしよ。」的な、ね?

 

 

そう思ったら、ちょっとだけ、なんか、前向きなかんじになれまして。人前で歌うことはないけど、なんなら、さわやかな『青空』だっていいやん、って思えそうな(まだ思えませんけど)。

 

 

たとえば、ブログの文章だって、そう。めっちゃ好きな文章書くひと、たくさんおられる。更新されるのが、たのしみで仕方ないひと、何人もおられる。書いてる内容だって、もぉ、素敵すぎて、時間を忘れて、どんどんバックナンバーを読み漁りたくなるようなひと、おられる。でも、それ、真似なんかできへん。「わぁ、そのものの考え方、めっちゃかっこいい」って思っても、それ、わたしじゃないからね。そのひとやから、かっこいいねん。

 

 

じゃあさぁ~~、もう、さぁ~~、自分の声だって、もう、これでいいやん。似合わん歌があってもいいやん。nonchi の歌をうたえばいいやん。nonchi の声でしゃべればいいやん、って思えたりなんか、してきた。

 

 

もう、ええかげん、

 

人生50年も生きてきたんやからさぁ、

自分の声も、好きになってあげようや。

 

 

しょうもないこと、なんですけど、しょうもなくなかった、わたしのこの悩み。このコンプレックス。

 

 

もう、そろそろ、いいかな。

 

 

そういえば、枯れて、乾いた声ばっかり憧れていたわけじゃない。このひとの声も、大好きだったんだ。

youtu.be

 

 

 

だからさぁ、もしかしたら、枯れて、乾いた声に憧れていた、というよりは、

 

 

 

 「あたしは、あたしよ」

 

 

 

に、憧れていたのじゃないだろうか。自分を認めるってことに、憧れていたのじゃないだろうか・・・・。

 

 

 

最近、そんなことを、考えていた、nonchi です。

 

 

 

あ~~~、ちょっとだけ、スッとしました。

 

 

 

読んでくれて(というより、聞いてくれて、みたいな気分だ)ありがとございました。

Youtubeから動画をお借りしました。あらためて、潤子さんの声、いいな。 

 f:id:nonchi1010:20190126194309j:plain

追伸、

朝のひんやりした空気、ピリっとしたけど、気持ちよかった。朝のうちにアップしたかったけど、もう、夜になってしまったね。

 

あなたのおうちの空は、どんなですか?


追伸その2

いま、仕事場を出るところ。

雪が降ってます。今年の、わたしの、初雪や。