nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

「マルコ」はわたしの、心のともだち。

みなさま、こんばんは。

今日は一日、あっという間でした~~。

朝は、イイ感じだったんです。はい。車のなかでもステキな音楽を聴いて、いい天気のなかを、いい気分で出勤したんです。…ただ、覚悟はしておりました。

 

今日は、けっこう「袋叩き」な会議があるんだよなぁ。

 

そして、午後、その時間になりました。行ってきました。そして、そして、やっぱり「袋叩き」に遭いましたです、はい。

 

なかなか、キツかったです。予測はしてたけどね、してたけど、やっぱり、なかなかなモンでしたわ。

 

で、この状況、なんとか、一歩踏み出したいワケです。そういうとき、みなさんには笑われるかもしれない、わたしの「切り替え」ワザがあります。お~~い、nonchi、そうきたかぁって、思いますよ。準備はよろしいですか?

 

わたし、1968年生まれ。子どものころは、「カルピスこども劇場」で育ちました。これ、日曜日の夜に放送されるアニメで、30分間まさに釘付けで観ていました。「アルプスの少女ハイジ」「フランダースの犬」「あらいぐまラスカル」がその代表作。そして、もう1作、今日の主役の作品があります。

 

「母をたずねて三千里」。

イタリアの港町ジェノバに住む少年マルコは、両親と鉄道学校に通う兄とともに慎ましく暮らしていたが、生活は日増しに苦しくなり、とうとう母がアルゼンチンへと出稼ぎに行くことになる。寂しさをこらえ見送るマルコだったが、やがて母アンナからの便りが途絶えてしまう。母を捜しに行きたいというマルコの固い決意に父もとうとう旅立ちを許し、マルコの長く苦しい旅が始まるのだった。マルコは持ち前の明るく元気な性格でアルゼンチンでの様々な人との出会いや出来事を乗り越え、ついにトゥクマンの町で母アンナと再会する。

         NIPPON ANIMATIONオフィシャルサイトより引用

 ãæ¯ã訪ã­ã¦ä¸åéãããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ちいさな相棒アメデオと一緒に、ほんとうに数えきれない苦労をして、そして、たくさんのあったかい人たちにも助けられながら、最後の最後、ハッピーエンドの物語。

 

なんで、これが今日の「袋叩き」と関係あるかといいますとね。わたし、ちっちゃいときから、結構に感情移入するひと、だったのです。マルコと一緒に泣いたり、笑ったり、転んだり、起き上がったり、ほかのアニメでも同じく。そのときの感覚、こころの浮き沈み、胸の奥のほうに、まだ残ってる気がするのです。もう40年以上前ですけどね。

 

そして、こんなおとなになってからでも、キツいことに遭遇すると、わりと頻繁に、登場する感情。

 

「マルコなんて、きっと、もっとつらかったやん。あたしだって、がんばろうぜっ」

 

そう思うの、本気で。ちょっと笑いますよね、たぶん。でも、それぐらい、インパクトあった。「こころのふるさと」。主題歌、始まりのうたも、終わりのうたも、どっちも歌えます。「お願いやから、おかあさんに会わせてあげて」って、子どもごころに、祈るような気持ちで毎週観ていました。

 

そのマルコ、今日も登場しました。なんたって、朝一番、ベランダに出たとき、マルコがわたしのもとに降りてきた。今朝の空、今朝の雲、見てくださいな。おかあさんを探して、マルコがたったひとりで歩みを進めた、草原に広がる空とそっくりに見えたんですもん。「あ~、今日、がんばろ。いろいろ言われるに決まってるけど、がんばろ」って、ひとり静かに決意を固めましたっっ。

 f:id:nonchi1010:20181101180843j:plain

マルコは、むかしの少年じゃなく、いまだって、おなじぐらい大変な思いをしている子どもたち、いっぱいいますよね。出稼ぎに出て、生死をさまようような大病を患ったマルコのお母さんみたいな苦労してるひと、まだまだ、いくらでもいてる。

 

だからって、わたしの苦労が「どうでもいい」とは思ってませんよ。これはこれで、なかなか、ほんと、なかなかに、キツイと思ってます。だけど、みんな、それぞれ、いろんなとこでがんばってるじゃん。だから、わたしも、立ち向かっていくしかないよな、って。今日は、朝の空を見た時点で、決めたんです。

 

なので、この記事アップしたら、元気にリセットして、家に帰って、おかあさんに変身して、がんばります。ちょうどいま、娘から、電話かかってきました。

 

「おかあさん、冷蔵庫、晩ご飯の材料っぽいもの、何にもないでぇ」

 

は~~い、了解です。おかあさん、帰りに買い物してきます。もちろんメニューは「鍋」。今日もあしたも、あさっても、我が家は「鍋」が人気料理。なんていい子に育ってくれたんでしょうか。育てたおかあさん、ステキ、でしょ(笑)。

 

みんなも、お疲れさま。

いまからお仕事のひと、がんばって。あたしもがんばりますからね~~。



追伸

心の友だちと言えば、このブログも。朝のベランダで空からマルコが降りてきたとき、「あ、この空の写真と一緒に、マルコのこと書こう。早くそれを書いてる私に会いたい」って思ったもんね。書きたいこと、読んでほしい人がいるってありがたい、しあわせ。みなさん、ありがとう!