nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

きょうのあなたを、守ってあげたい。

みなさま、急に冷えてきましたね。
あったかくされていますか? わたしは、夏より冬が好きなのですが、とっても寒がりで冷え性。すでにもこもこの靴下、はいております(笑)。今朝は、今年初めてトレンチコートを着ました。男子っぽいシャツを着て、トレンチコートを着るのが、秋の楽しみです。

さて、今日は、週明け月曜日、週末の出張の疲れがやっぱり残っていたので、あんまり遅くならないうちに帰りました。娘が下ごしらえを始めてくれていたので、帰宅後ほどなくして、お鍋にありつくことができました。そうして後片付けも、そんなに大変じゃなく、早々に終わっちゃって。いいんですけど、なんだか、ちょっとセンチな気分になりました。

で、久しぶりに、レコードを引っ張り出してきました。レコード世代のみなさま。なつかしいでしょ?シングルレコードですよ。700円もしたんだよね、1枚。お小遣いの大半は、レコードに消えていました。お気に入りのレコード屋さん、3つぐらい、いまでも場所をちゃんと憶えてる。そして、これを聴いていたときの自分のことも、はっきり、くっきり憶えてる。針を落として、ちっちゃい傷のノイズがあって、リピート機能のないプレイヤーだったから、シングルなんて、あっという間。CDが出始めた頃は、ものめずらしさもあって、「CDイイなぁ」って思ったこともありましたが、いまは、レコードのありがたさ、素敵さが「わかる女」になりましたよ~。

音の隙間の、あったかい温度。今日は、それがとっても心に沁みる気がします。

このごろ沈んで 見えるけれど
こっちまで ブルーになる
会えないときにも あなたのこと
胸に抱いて 歩いている

日暮れまで土手にすわり レンゲを編んだ
もう一度 あんな気持ちで
夢を形にして

So you don't have to worry,worry
守ってあげたい
他にはなにひとつできなくてもいい
’Cause I love you,'Cause I love you

So you don't have to worry,worry
守ってあげたい
あなたを苦しめる全てのことから
’Cause I love you, 'Cause I love you

守ってあげたい 松任谷由実作詞・作曲 松任谷正隆編曲

f:id:nonchi1010:20181022221343j:plain

この歌詞、必ずしも、異性に対してだけの想いじゃないと思っていまして。ブルーなともだちがいたら、きっと「守ってあげたい」と思うんですよね。離れてて、大して、何もできないかもしれないけど、わたしも、離れたところから、助けてもらったこと、何度もあるから、だから、その恩返しは、違う誰かさんにさせてもらえれば、と思ってる。

さぁ、せっかく早く帰ってきたから、日付が変わるまえに、ベッドに入りましょう。みなさんも、まだ月曜日だから、夜更かしは、だめだよ。