nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

やさしいひと。

みなさま、こんばんは。

今日は大事な会議があり、いま終わってデスクに戻りました。

遅くなるのが朝から分かりきってましたんで、娘には「冷蔵庫のこれと、これを食べといて」と伝えておきました。冷蔵庫にいつも手作りの愛情たっぷりの「作り置き」を入れておられるお友だちに見せたら、呆れられてしまいそうな我が家の冷蔵庫‥‥。ま、いっか。みんな、それぞれ、できることしかできません(笑)。娘は、我が家の冷蔵庫しか知りませんから、いつか、どなたかのお家で、しっかり管理された冷蔵庫を開いたときには、きっとビックリするんでしょうね。ま、それも仕方なし。反面教師、よろしくたのんます。

 

さて、今日のヘビーな会議(定期的に開催されます)で、お隣に座っておられたベテラン(というより長老ですわ)女性弁護士さん。だいたいいつもわたしのお隣に座っておられるのですけど、

 

会議がとっても大変な内容で、わたしもだいぶ白熱して、憎たらしいことをベラベラしゃべりまして、しかし最終的には一応めざしていた着地点には辿り着いて閉会となりました。

 

そしたら、その長老女性弁護士さんが、バッグのなかからガサゴソと何かを取り出して‥‥。「コレ、どうやって使うのん?」とわたしにちっちゃい声で質問なさいました。

 

 f:id:nonchi1010:20180927202705j:plain

文具好きのわたしは、すぐ「あっっ、これクリップ」ってわかって、自分が持っていた資料を挟んで、その先生に見せてあげたら、「あら、かわいいやんか。さっき、別の会議でもらったんよ。これなんやろ?って思ってた。なるほど、かわいい、かわいい」とおっしゃって、6つあったなかから、2つわたしに「ほい、これ」と。「え~、せんせい、くれはるの?」「かわいいから。あんた使いなさい。かわいい、かわいい」

 

f:id:nonchi1010:20180927202804j:plain

➡この【かわいい】は、脈絡的には「にゃんこちゃんのクリップ」のことをおっしゃっているのです。わかってます、はい。でも、なんか「あんた、がんばったから、これ、ご褒美にあげるわ」って言っていただいた気がして、なんか、保育園の子どもみたいに「せんせい、ありがとうっっ♡」と笑顔になりました。

 

たぶん、このにゃんこちゃんのクリップもらうまで、わたし、めっちゃ眉間にシワをよせて、いや~~~な顔、してたんだろうと思います。鏡ないけど、間違いなし。そのわたしを横目で見て、「あ~、この子、なんとかせなあかんわ」と思ってくださったんじゃないかなぁと。もう、おそらく80歳近い弁護士さん。「理不尽なことは、許しませんでぇ~」ってかんじの熱血弁護士さんなんだけど、その熱血ぶりをストレートではなく、はんなりと、じんわりと、しかしグッと締めて表現されるのです。大好きな先生。

 

わたしの周り、やさしいひと、けっこう居てます。それぞれのカラーで、それぞれのタイミングで、そのやさしさを、この「へなちょこ」なわたしに届けてくれます。ありがたいです。なかなか恩返しできてませんけど、みんなまとめて、ありがとうって言いたい、そんな気分です。

 

さぁ、帰って、ごはんをつくる元気はありませんっっ。(なんの宣言や💦💦)

 

どうしよっかな。「ひとりラーメン」しよっかな。たこ焼き買って帰ろっかな。遅くなりすぎて、なんか、羽根を伸ばしたくなりました。

 

…おいおい、あした、仕事やん(笑)。でも、ちょっとだけ、だら~っとしよう。やさしくしてもらったから、なんか、心身ともに、ふにゃ~~っとしております☺☺☺

 

みなさまも、今日も一日お疲れさまでした☆☆☆