nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

主観。オニュくんの、声の向こうに・・・。

仕事に向かう車のなかで、

SHINeeのニューアルバム、かけました。

朝の景色のなかで聴いたら、どんなかんじかな、と。

 

・・・・・完全、無防備、だった。

 

思いがけず、突然、あることに気づいて、泣いた。

 

譜面に起こすことのできないような、ほんとに些細な、

多分に主観がはいった、気づき。

 

オニュくんの歌い方、声、のなかに、ジョンくんが、いた。

 

わたしのような新米ペンが語るのはおこがましいが、

SHINeeのコーラスワークは、すごい。

みんな、違う声の持ち主、個性も違う。

それが5人あつまったら、あんな、すごい世界ができる。

 

その5人が、4人になって、このアルバムが、世に出た。

 

オニュくんは、リーダー。

 

泣きたいときに、泣けなくて、泣かなくて、

そして、このアルバムを、つくった。

 

ジョンくんがいない4人のコーラス。

 

口に出さなくても、みんな、静かに、待っていた。

 

できあがるものを、4人がつくりあげるものを、

ただ、ただ、そのまま、抱きしめようと思ってた。

 

そこに、4人が帰ってきた。

 

すごい世界を携えて。

 

リーダーのオニュくん・・・・

あなたの声のなかに、ちょっとした、ほんとにちょっとした

歌い方のなかに、わたし、ジョンくんを感じました。

 

彼の声が存在しない、その隙間を埋めるためでなく、

彼の声をぎゅっと握りしめるのでもなく、

 

ただ、自然に、あなたの声のなかに、ジョンくんが、いるね。

 

すごいな、と思う。

なんというひと、なんだろう、と思う。

 

だからこそ、わたしは、これからも、ずっと、

あなたたちがつくる音の世界を、たいせつに、たいせつに、

追いかけていきたいと思います。

 

********************

もうすぐ、仕事モード。

 

でも、このきもち、たいせつにしたいので、

慌てて、思いのまま、書かせてもらいました。