nonchiのポケットに入れたい大切なもの

「みぃつけた!」な音楽、もの、ひと、ことばを綴る日記帳

久々の『ゆうたはともだち』。

叔母は児童文学の研究をしている人でした。

観音開きのすてきな本棚に、こだわりの絵本がいっぱい並んでいました。

わたしに子どもが産まれたとき、「読んであげたい絵本リスト」を送ってくれました。

そのなかのお気に入りのシリーズが『ゆうたくんちのいばりいぬ』。

シリーズのなかでも、うちの娘の一番人気は『ゆうたはともだち』でした。

懐かしくて久しぶりに手に取ってみると、娘が自分で何度もめくって読んでいたんでしょうね。本の中綴じ糸が切れてました。

「おれ(いぬ)」の視点で語られる、「おれとゆうたのちがい」。

そして、最後のことばが、娘のお気に入りのひとことでした。

娘はいま14歳。「うわぁ、懐かしいやん」と。・・・憶えてるんやね。なんか、ちょっとうれしかったです。

挿絵がないと、おもしろさ半減なんだけど、ちょっとご紹介。

 

おれ いぬ。

おまえ にんげん。

おまえ わらう。

おれ しっぽ ふる。

おまえ てで かく。

おれ あしで かく。

(中略)

おまえ ほんが すき。

おれ ほねが すき。

おれと おまえ ぜんぜん ちがう。

だけど すき。

だから ともだち。

f:id:nonchi1010:20180524235812j:plain

 

クスッと笑えて、ちょっとしあわせな気持ちになり、「私は、私で、いいよね」と思えます。

さぁ、この気分で、今日はおやすみなさい。